嵐?大野智デザインのJAL FLY to 2020 特別塗装機就航 - 初便は羽田~那覇

JALは6月27日、嵐の大野智氏がデザインした特別塗装機「JAL FLY to 2020 特別塗装機」を就航した。
媚薬
同機は「東京2020オフィシャルパートナー」として2020年に東京で開催されるオリンピック?パラリンピック競技大に向けた応援の第1弾で、主に東京(羽田)?大阪(伊丹)と沖縄(那覇)を結ぶ路線にて2016年3月まで運航を予定している。

ボーイング777-300型機(機体番号:JA751J)に描かれた「JAL FLY to 2020 特別塗装機」の初便は東京(羽田)8:25発の沖縄(那覇便)で、その後、沖縄(那覇)から大阪(伊丹)間で運航される。就航日の運航スケジュールは、羽田(08:25)→那覇(11:00)、那覇(12:05)→伊丹(13:55)、伊丹(14:55)→那覇(17:00)、那覇(18:10)→伊丹(20:05)となっている。
催淫薬
今回の特別塗装機には、「FLY to 2020」というメッセージをもとに嵐の大野氏がデザインした"未来への希望"として、希望、羽ばたき、開花、生命などの言葉からイメージしたデザイン、また、日本の四季や富士山などが描かれ、嵐のメンバーの顔写真が添えられている。

韓国?尹氏来日、慰安婦問題など外相会談で協議

岸田外相は、21日来日する韓国の尹炳世(ユンビョンセ)外相と東京都内で会談する。
情愛芳香劑
いわゆる従軍慰安婦問題のほか、「明治日本の産業革命遺産」の世界文化遺産への登録に韓国が反対している問題、韓国による日本産水産物の輸入規制などがテーマとなる。22日は日韓基本条約調印から50年にあたり、両外相は懸案の解決に向け、何らかの前進を図りたい考えだ。

尹氏の来日は2013年3月の外相就任後初めて。岸田、尹両氏の会談は今年3月以来、6回目(電話を除く)となる。韓国政府は22日、都内で条約調印50周年の記念式典を行う。勃起促進

MERS対応マスク、注文殺到で異例の増産 愛知?豊橋

韓国で中東呼吸器症候群(MERS)コロナウイルスの感染が広がる中、高性能マスクを製造?販売する愛知県豊橋市大村町の「くればぁ」に、注文が相次いでいる。夏場のマスク増産は異例のこと。同社は従業員を急きょ増やし、休日返上で製造にあたっている。
五便宝
同社の最先端の防菌?防ウイルスマスクは高密度のメッシュを使用し、MERSウイルスの大きさの粒子の大半を食い止めることができるという。

また、内側に汗を吸収し、肌に触れるとさらさらな状態で体温を下げる特殊な繊維を使用。さらにマスク内のフィルターには独自の特許技術を採用し、息苦しくなく、暑い夏でも快適に着用できるという。

紅蜘蛛