元シャブ中だらけの世界から

私自身は残念なことに?経験はないため、「お前も一発やってみろよ!そうすりゃあよく気持ちがわかるぞ!」と周囲からからかい半分によく言われる。しかし過剰に何事にも依存しがちな自分が、セックスの快楽の百倍以上のドーパミンが脳内放出されるシャブをやったらどうなるか?よくわかるつもりなので、遠慮するしかない。
威哥王
私は薬物依存症リハビリ施設で回復を目指す人々の生活支援と施設の公報を担当する。原則当事者活動の施設のため、私とあと二三人を除いて、全員が違法薬物に手を染めて、受刑も経験してきた人々だ。
この記事のほかの日記などには、シャブをきめていたんだから覚えちゃいない、とかどこで聞いたかわからないようなコメントもあったが、このニュースに関しても経験者は敏感に反応していた。彼らはクスリを使っていた当時を鮮明に記憶している。
「こんな小さい子供にうつとか、信じられねえなあ…」「もったいねえな!他人に射つくらいなら自分で射つぞ!」ざっくばらんに語り合っていた。
年齢的な面で憂慮する言葉が出ても、絶対に『子供にクスリを射つ』ということを非難する言葉は聞かれなかった。
媚薬 販売
なぜなら、ヤク中は徹底した孤独と生き苦しさと居場所づくりの果てに、重いクスリにはまっていく。その根本には崩壊した家庭や虐待がある。孤独で孤独で乾いて渇いてしかたがない…。妻がいるなら、当然一緒につかう。そんな時にとなりに子供がいるとする。そうすれば、同じ気持ちになってほしい…それはどんなに残酷であっても、俺の快楽と苦しさを分かち合ってほしい…と考え、子供にクスリを与えることは、絶対にないことではないからだ。実際、裁判で子供にクスリを教えていた親の話しには出くわすし、ベルベット・アンダーグラウンドのニコ・イコンも、自らの子供にクスリを教えていたことは、ドキュメンタリーでも明らかにされ有名な話だ。
それだけ薬物はシラフでの倫理観を越えていく。催淫効果もクスリを入れていない状態でも招く。
狼一号
このようなクスリに手を染めた人々を、裁くだけでなく、殺そうとするような人もいるかもしれない。でもなぜ、殺すという最も残虐な、クスリを越えるほどの極論に至るのか?それは、躓き、立ち直ることを許されなかった自らの過去の傷に蓋をして、癒されていないだけではないのか?
つまり、ヤク中だけでなく、すべての人間は、結局弱い生き物だということ。家族のありかたこそ、すべてを導いていくこと。この事件に感じさせられる。

間接的影響

うーむ……少女漫画にはまっている女の子が身近にいないことが多かったからなぁ…

それでも,なんとなく影響を受けているような……

つまり,当時親しかった女の子とか,昔の彼女とかが,恋愛の下敷きにしていたようなストーリー。

昔は少女漫画って,ちょっと苦手だった。
今もほとんど読まないけど,嫌わなくなった。

付き合っていた子から間接的に影響される場合もあって,なんとなく,純愛ものとか,リアリティのある等身大のストーリーとか,その辺りなら,受け入れられるようになった。

「僕等がいた」とか「君に届け」はOKです。

実は密かに,音楽に関しても,女の子から影響を受けている。
ユーミンとかオフコース/小田和正など,さんざん聞かされたっけ。
「乙女妄想」にも,ある程度は耐性がついた感じ。

どうしてこんな男が,夢見る乙女のお相手をすることになったのかは,いまだに謎。

しつこく聞かされた音楽。
一時期,井上陽水だったことがあったっけ。
井上陽水だと,ファンの性別が,男女半々か,やや男が多いくらいなので,違和感無かったけど,その時期には既に,乙女チックなものを理解するようになっていた。……「後の祭り」と言うべきなのか……。

そんなこんなで,単行本のコミックは,少女マンガ系は1冊も持っていない。

もっとも,昔の少女漫画にあったようなピュアな恋愛モノって,今は,けっこう少年誌や青年誌にも,男子目線に姿を変えて,存在したり……。
催情薬
媚薬 販売
威哥王

彼女の人生設計に組み込まれる

私も決して結婚願望が強いほうじゃなかった。

確かに、自分より女性のほうが結婚願望の強い場合が多いかな、と言う感触は持っています。

でも、20前後ぐらいでは、結婚なんて、遠い先のことで、ハッキリしたビジョンも描けない。
五便宝
その頃付き合っていた彼女は、これからもずっと一緒にいて、遠い将来には結婚したい……みたいな趣旨のことを言っていたけど、私はあまり重くは受け止めていなかった。

「初めてのカレ」に対する、乙女妄想だったのかも知れない。
その「夢」の、ひとつの行き先が、漠然とした結婚願望だったのかも知れない。
こっちは、まだ先の見通せない若造。
そんな安易に結婚を口にすることも出来ず……

結婚の話にも、きちんと受け止めて期待するような回答を出せるほど、私はしっかりしているはずもなく、期待を裏切られ続けた彼女は離れていった。

その後、付き合い始めた子も、私が「初カレ」。
……私は恋愛初心者向きの男の子だったのか?
彼女からのアプローチを素直に受け入れる。
ちょっと年齢も進んだし、周囲の状況も見えてきたので、結婚願望はあまり無いものの、将来を具体化してもいい頃になってきた。
催淫カプセル
そのとき、彼女は既に、自分の将来設計を考えていた。かなり具体的に。卒業、就職、結婚、出産……退職後あたりまで。

その中に、私と結婚する予定も織り込み済みだった……

ちょっと驚くほど綿密な計画だったけど、それを一緒に実現してゆくのも、パートナーとしての役目かな、と思い、その話に乗ってみようと決意する。

ここまで来て、やっと、結婚が、現実味を帯びてくる。

「初カレ」と、ここまで上手く出来れば、幸せだよね。

結婚するなら、10年後、20年後にも、「この人を選んで良かった」と言わせたい。
それが私の、彼女の結婚願望に対する回答。

この回答の裏には、過去に結婚願望の強い女の子と付き合って、上手く行かなかった経験があることを、彼女は知らない。もちろん、知らせるつもりも無い。

私が過去に痛い恋愛経験を持っているのは、彼女の人生設計には想定されていなかった。

いまさら蒸し返せることでもないし、いまさら消せることでもないし。

私が過去に振られた経験があるらしい、と言うことを彼女は知っている。
でも、それが、どんな傷を残しているのかは、知らない。

知らないほうが、幸せなこともある。だから、何も言わない。

銀婚式や金婚式の日には、「結婚していて良かった。ありがとう。」と言えるようでありたいと思う。

まず、それまて、生き延びなくては……