【DeNA】ハマの番長に新たな勲章!三浦、投手24年連続安打がギネス認定

DeNA・三浦大輔投手(42)が22日、ギネス世界記録に認定された。7月11日の中日戦(横浜)でヒットを放ち24年連続安打を達成。「プロ野球投手により安打を放った最多連続年数」として認められた。
媚薬 激安

 球界最年長の「ハマの番長」に新たな勲章が加わった。球界最年長の三浦は今季初先発となった7月11日・中日戦の2回の第1打席、バルデスから左前打。プロ2年目の93年から続く安打を24年連続に伸ばした。プロ野球選手の投手が安打を放った連続年数の世界記録となった。
淫インモラル

 この日、偉業を達成した舞台の横浜スタジアムで会見。認定証を授与された三浦は「このような賞をいただけて本当に光栄です。バッティングは得意じゃないけど、好き。打席に入ってもなんとか一生懸命やってきたことが24年につながったと思う」と話し、「長いことやってきて、続けていくことの大切さを感じた」と実感を込めた。

 思い出のヒットについては「プロ初ヒットを甲子園で打ったことも印象に残っている。ホームランや三塁打もある。あとは記録達成のヒットはいまだに感触が残っている」と振り返った。
媚薬 激安

 投手としては24年連続勝利もかかったこの試合で4回6失点で黒星を喫し、以降は1軍登板なし。「本当は一緒に勝ちもつけたかった。もう一回、マウンドに立てるようやっていきたい」と本業での大記録に気合を込めた。

GDP年0.2%増 2期連続プラス 4~6月

内閣府が十五日発表した二〇一六年四~六月期の国内総生産(GDP、季節調整値)の速報値は、三便宝.物価変動の影響を除いた実質で前期比0・048%増だった。この成長が一年間続くと想定した年率換算で0・2%増となり、二・四半期連続のプラスを維持した。企業の設備投資や輸出が伸び悩んだが、公共事業や住宅投資が支えとなった。

 GDPの約六割を占める個人消費は0・2%増。自動車やテレビなどが伸びて二期連続でプラスを維持したが、外食や飲食、衣料品は低迷した。二月が例年より一日多い「うるう年効果」でかさ上げされた前期(0・7%増)より勢いが落ちている。狼1号


 企業の設備投資は0・4%減で二期連続のマイナス。世界経済の先行き不透明感から企業が設備投資に慎重になっており、工作機械の投資が減少した。

 公共投資は、一五年度補正予算に盛り込まれた公共事業が執行されていることなどを背景に2・3%増となった。民間住宅はマイナス金利で住宅ローン金利が下がった効果もあり5・0%増で三期ぶりの増加だった。統計では「輸出」に計算される訪日外国人の買い物(インバウンド)は円高などの影響で4・5%減となった。
房事神油

続く酷暑、熱中症警戒 9日は東海3県で56人搬送

東海地方は9日、各地で最高気温が35度を超える猛暑日となった。岐阜県多治見市では全国で6番目に高い38・3度を観測。各県の消防本部などの調べでは同日午後4時までに、東海3県で計56人が熱中症とみられる症状で搬送された。今後も厳しい暑さが続くとみられ、催淫カプセル 名古屋地方気象台は高温注意情報を出して注意を呼び掛けている。

 同気象台によると、各地の最高気温は愛知県豊田市で37・1度、岐阜市で36・6度、三重県尾鷲市で37・4度を観測。10日も名古屋市で36度、岐阜市で37度、津市で35度の猛暑日になるとみている。

 熱中症の疑いで9日に搬送されたのは、愛知県で43人、岐阜県9人、三重県4人だった。消防庁によると、今月1~7日に熱中症で搬送された人数は全国で6588人で、曲美 前週の1・6倍に上った。

 名古屋地方気象台によると、この暑さは高気圧に広く覆われて晴れたことや、日本列島の東海上にある台風5号によって乾いて暖かい風が北西から流れ込んだことが原因。今後も11日までは晴れの日が続く。狼王戦宝13日ごろからは雲が出やすくなり、気温も少し下がる見込みという。

都に利権追及チーム設置へ 小池氏、批判控え議会と連携模索

7月31日に投開票された東京都知事選で初当選した元防衛相の小池百合子氏(64)は1日朝、豊島区の事務所で記者会見し、公約に掲げた都政の透明化に向けて「利権追及チーム」の設置を表明した。催情薬 選挙中に繰り返していた都議会自民党への批判を控えて「都民の利益のためには接点がある」と述べ、議会側に協力を求め、連携を模索する姿勢を強調した。

 出演したテレビ番組では、開催費用の大幅増が懸念される2020年東京五輪・パラリンピックの都の負担について「できるだけ少なくしたい」と改めて主張した。イカオウ