成長続いた楽天、海外事業で減損の「誤算」

売上高は過去最高。が、利益も同じように、とはいかなかった。楽天が2月12日に発表した2015年12月期の通期決算(国際会計基準)は、2007年12月期以来、8期ぶりの営業減益となった。
威哥王販売
 重くのしかかったのは、海外事業ののれん減損だ。のれんの定期的な償却を要しない国際会計基準を、2013年度から採用していたが、海外で企業買収を重ねる中、懸念材料となっていた減損リスクがついに火を吹いた。

 2015年度の売上高は7135億円(前期比19.2%増)で、営業利益は946億円(同11%減)と、増収減益に。減損損失は全部で381億円に上り、営業利益を大きく押し下げた。2010年に買収した仏ECサイト運営の「プライス・ミニスター」と、2011年に傘下に収めたカナダの電子書籍企業「コボ」の2社が大きく、減損額の6割超を占めた。2社ともに200億円以上を投じての買収だったが、買収当時の計画からは収益性の向上が遅れ、赤字となった。
五便宝
■ 「楽天市場」や「楽天トラベル」が快走

 決算会見で、三木谷浩史会長兼社長はコボについて、「われわれとしては、明らかに安定成長しており、収益改善ができていると思ったが、監査法人が減損と判断した」と説明。プライス・ミニスターについても、「当初の計画とは、正直、少し乖離している。ただ、われわれとしては自信を持っている」と、成長性を強調し、減損に悔しさをにじませた。

 もっとも、減益となったが、楽天の主力事業が傷付いているわけではない。収益を牽引する、国内EC(電子商取引)事業や金融事業は、ともに成長を続けているからだ。
  • 経済 |
  • 2016-02-17 12:33:56

レギュラーガソリン、5年8か月ぶりの120円台突入

資源エネルギー庁が12月2日に発表した石油製品の店頭小売価格週次調査によると、11月30日時点でのレギュラーガソリンの全国平均価格は前週の調査から1.2円値下がりし、1リットル当たり129.1円となった。

レギュラーガソリンの小売価格は4週連続で値下がりしたあと、横ばいをはさみ、6週連続で値下がり。曲美2010年3月8日の調査以来5年8か月ぶりの120円台突入となった。

地域別では、四国で2.4円、北海道で1.7円、関東と中部で1.2円、東北で1.1円、中国と近畿で0.9円、九州・沖縄で0.8円、全エリアで値下がりした。

ハイオクガソリンは前週比1.1円安の140.0円、軽油は0.5円安の109.6円だった。

60万人の会員を持つガソリン価格投稿/愛車燃費管理サービス「e燃費」によると、12月2日のレギュラーガソリンの全国平均購入価格は118.1円/リットル(前週比-1.8円威哥王、ハイオクは128.0円/リットル(同-1.6円)、軽油は95.4円/リットル(同-0.9円)だった。

なお資源エネルギー庁による平均値は「販売」価格の平均であるのに対し、e燃費は「購入」価格の平均。現実の購入でユーザーは安い価格を指向するので、購入価格平均は販売価格平均より安くなる。
  • 経済 |
  • 2015-12-02 18:54:26