前田健さん急死に松浦亜弥がコメント発表「マエケンさん、『あやや』の思い出をありがとう」

虚血性心不全のため、26日未明に急死したタレント・前田健さん(享年44)の悲報に接し、歌手の松浦亜弥(29)が26日、所属事務所を通じてお悔やみのコメントを寄せた。
催情薬
 前田さんがブレイクするきっかけになったのは、あややのモノマネだった。松浦は「昨日からのニュースを見て、心配していました。突然の悲報にビックリしています。私のことを、おもしろかわいくモノマネをしてくれて、楽しく話題にしてくれて、うれしかったです。マエケンさんのモノマネで自分のクセを知ったりして」と懐かしんだ。
威哥王
 初共演した時のエピソードは、前田さんの人柄を表す温かいもので「私の体調やスケジュールまで気遣ってくださったり、プレゼントと一緒に、手書きのとっても丁寧なお手紙をいただいたことを覚えています」と回想。「マエケンさん、『あやや』の思い出をありがとうございます。今はただ、心からご冥福をお祈り致します」としのんだ。

広瀬すず「セクシーなポーズを競いあってました(笑い)」

映画『ちはやふる』で“競技かるた”に情熱を賭ける少女・千早を演じている広瀬すず(17)。

「私、負けず嫌いだし、いつも“戦闘態勢”なんです(笑い)。だから壁にブチあたって落ち込むことはありません。何かあったら“悔しい!”って立ち向かっていくタイプです(笑い)。今回もメラメラと燃えましたよ~!」
粉剤媚薬
 周囲のスタッフいわく、広瀬は努力家で人一倍負けず嫌いだとか。今作の撮影が始まるころには“猛特訓の結果”として水ぶくれや痛々しいアザが、ひざや腕のあちらこちらに……。

「スタッフさんがどこでも練習できるように“畳”をプレゼントしてくれたんです! それはもう、たくさん練習しました。家でもパンパーンって(笑い)。競技シーンは泊まり込みで撮ったのですが、もう体力勝負でした。 暑い時期だったので袴の中がすごく蒸れて、ひざと畳がすれて痛かった~! でもみんなで“あとちょっとだから頑張ろう!”って。そのたびに絆が深まって、現場はめちゃくちゃ楽しかったです!」
媚薬 販売
 共演者には野村周平(22)、真剣佑(19)、上白石萌音(18)、松岡茉優(21)などフレッシュな面々が勢ぞろい。年が近いこともあって、現場はいつも和気あいあい。

「現場では主題歌も歌ってくださっているPerfumeさんの踊りが流行していました。ひたすら歌って、踊る! あと、カメラマンさんの機材を借りて、“誰が一番セクシーなポーズができるか”を競ったり(笑い)。

 実は“瑞沢高校競技かるた部”のキャストの全員がAB型だったんです! それがわかった途端にみんな殻を破りだして(笑い)。まるできょうだいのように言いたい放題、やりたい放題で、本当に仲よしでした。今でもみんなで連絡をとり合ったりしています」

日本デビューも話題、欧陽菲菲めいのナナ、CM起用でも破格の待遇

2016年1月29日、日本デビューが話題のタレントでチェリストのナナ(欧陽娜娜)が、新人としては破格の待遇でCM撮影を行った。東森新聞網が伝えた。
曲美
伯母は国民的歌手・欧陽菲菲(オーヤン・フィーフィー)で、台北市の市会議員と女優の両親を持つナナ。このほど「Nana(ナナ)」の名前で日本デビューが決まったと一斉に報道され、大きな話題となっている。

昨年から本格的に芸能活動をスタートしているが、このほど台北市郊外で、中国企業のスキンケア用品のCM撮影を行った。契約料は1000万台湾ドル(約3600万円)で、現場のスタッフは100名以上、ナナには専用車2台が用意されるなど、新人としては破格の待遇となっている。
紅蜘蛛
昨年リリースしたチェロのアルバム「15」を、今年4月に日本でも発売予定。現在、香港の俳優アンディ・ラウ(劉徳華)らと共演するコメディー映画「王牌逗王牌」 の撮影を行っている。