ついに危険ドラッグ実店舗ゼロに 歌舞伎町の2店舗を摘発 警視庁、関東麻取

危険ドラッグを販売したとして、警視庁と厚生労働省関東信越厚生局麻薬取締部は、医薬品医療機器法違反(販売)容疑で、東京?歌舞伎町の危険ドラッグ販売店経営、高橋弘容疑者(42)=新宿区歌舞伎町=ら男3人を逮捕した。この摘発で、全国に200店以上あった危険ドラッグの実店舗はなくなった。
黒倍王
ほかに逮捕されたのは店員の木村伸一(46)=川崎市多摩区長沢=と二木信也(39)=別のわいせつ図画頒布罪で在監中=の両容疑者。警視庁組織犯罪対策5課によると、高橋容疑者と木村容疑者は容疑を認め、二木容疑者は「指定薬物が入っているとは知らなかった」と否認している。

3人の逮捕容疑は5月1日午後7時20分ごろ、指定薬物を含む危険ドラッグ約3グラムを7千円で販売したとしている。
淫インモラル
厚生労働省によると、昨年3月時点での危険ドラッグ販売店は全国で215店舗だったが、取り締まりの強化で残る店舗は今回摘発した歌舞伎町の2店舗のみとなっていた。