ミサイル発射否定せず…10月、党創建70年

北朝鮮国連代表部のチャン?イルフン大使は28日、同国代表部で記者会見し、朝鮮労働党創建70年を迎える今年10月に北朝鮮が長距離弾道ミサイルの発射実験をするとの報道があることについて、「我々が何をしようと、我々の自由だ」と述べ、発射の可能性を否定しなかった。
催淫薬
北朝鮮は国連安全保障理事会決議で、弾道ミサイル技術を使ったいかなる発射も禁じられている。だが、大使は「我々はいかなる条約や義務にも縛られることはない」と主張。さらに、「米国の軍事的抑止や圧力には、核戦力の近代化と拡充で対応すると述べてきた。いかなる可能性も排除しない」と強調し、弾道ミサイル発射も「対応の一つ」に含まれるとの考えを示した。

大使はまた、イランが核問題で主要6カ国(米英仏中露独)と包括合意に達したことについて、「核開発の権利を認めさせ、制裁の枠組みを取り除くイラン政府の長年の努力の成果だ」と評価した。一方で「我々は名実ともに核兵器国だ」とし、イランとは立場が異なることを強調。「米国の敵視政策が続く限り、我々が核兵器を廃棄したり、核戦力の役割が変わったりすることはない」と語った。威哥王