貼るだけで検温、シール状の体温計 東大などが開発

薄くて柔らかいプラスチック製の体温計を東京大などの研究グループが発表した。髪の毛の太さよりも薄く、曲げても動作する。皮膚に貼り付ければ、様々な部位の体温を高い精度で測れるという。米科学アカデミー紀要(電子版)に論文が掲載された。
蟻力神
 研究グループは、温度によって電気抵抗が変化するインクをシールに印刷する方法で、0・015ミリの薄さの温度センサーを実現した。0・02度単位の高精度で測れるうえ、体温に近い温度で1千回以上繰り返して使えることを確かめた。

 印刷技術を使った温度センサーはこれまで、0・1度以下の精度は困難で、耐久性の問題もあった。このインクを使えば、広い面積を測れるセンサーを容易に作製できる。ばんそうこうほどの大きさなら、使い捨てできるほど低コストで印刷できるという。
三體牛鞭
 広い面積の温度を直接リアルタイムに測れるので、赤ちゃんの体温を見守ったり、手術後の患部を常時モニターしたりするのに向くという。体全体の体温分布を計測し、快適なスポーツウェアの開発につなげるといった応用も考えられる。

 東京大の染谷隆夫教授は「センサーにつなげる電源や表示機器の小型化を検討し、3年後の実用化を目指したい」と話している。