【DeNA】ハマの番長に新たな勲章!三浦、投手24年連続安打がギネス認定

DeNA・三浦大輔投手(42)が22日、ギネス世界記録に認定された。7月11日の中日戦(横浜)でヒットを放ち24年連続安打を達成。「プロ野球投手により安打を放った最多連続年数」として認められた。
媚薬 激安

 球界最年長の「ハマの番長」に新たな勲章が加わった。球界最年長の三浦は今季初先発となった7月11日・中日戦の2回の第1打席、バルデスから左前打。プロ2年目の93年から続く安打を24年連続に伸ばした。プロ野球選手の投手が安打を放った連続年数の世界記録となった。
淫インモラル

 この日、偉業を達成した舞台の横浜スタジアムで会見。認定証を授与された三浦は「このような賞をいただけて本当に光栄です。バッティングは得意じゃないけど、好き。打席に入ってもなんとか一生懸命やってきたことが24年につながったと思う」と話し、「長いことやってきて、続けていくことの大切さを感じた」と実感を込めた。

 思い出のヒットについては「プロ初ヒットを甲子園で打ったことも印象に残っている。ホームランや三塁打もある。あとは記録達成のヒットはいまだに感触が残っている」と振り返った。
媚薬 激安

 投手としては24年連続勝利もかかったこの試合で4回6失点で黒星を喫し、以降は1軍登板なし。「本当は一緒に勝ちもつけたかった。もう一回、マウンドに立てるようやっていきたい」と本業での大記録に気合を込めた。