漫画の日記

冬休みが始まった今日この頃。

どうして休みを過ごそうか。
ってことでよく漫画を読むんだけどMASTERキートンがお気に入り。

20世紀少年ってご存知?
ちょっと前に流行った映画で浦沢直樹って漫画家が原作を描いてた。
MASTERキートンはその浦沢が描く漫画。

基本的に短編なんだけど各話の完成度は高い。
心が温かくなる話や切ない話、儚い話、やるせない話、楽しい話。
まるで映画を見たような余韻に浸ることができる(個人的には)。

それぞれの話で別々の登場人物がいるんだけど、誰もが個性的で表情が豊か。
頼りない青年や魅力的な美人、人のいい老人、気の強い老婆、チンピラ、裏の顔がある善人など様々。
これらの人物が織り成す人間ドラマに、主人公であるキートンは巻き込まれたり首を突っ込んだりで関わっていく。

主人公のキートンも魅力的。
知識が豊富なんだけど、、特に考古学やサバイバルに詳しい。
あと基本的にユーモラスな性格なんだけど、時折見せる遠くを見つめる目が彼の心情を物語る。

もっと早く読めばよかったと思った漫画なんだけど、意外と知らない人が多い。
読んで損はしないはず。
できたら、、読んでみてください。
D10媚薬
D10催情剤

ありがとう僕のルー君

物を大切に思える人と一緒に居たい。
物を大切にできる人は、人を大切にする事を知っている。
そういう人は、小さい子に正しい事をちゃんと教えられる人。
そんな人と子育てをしたい。

ありがとう僕のルー君

君がいたから仕事がとれた。
君がいたから仕事が熟せた。(こなせた)
君がいたから仕事が捗った。(はかどった)
君がいたからリフレッシュできた。
君がいたからステキな仲間と出逢えた。
君がいたから僕がアクティブに動けた。
君がいたから僕がアグレッシヴに動けた。
君が守ってくれたから、僕は今、立っていられる。

他人から見れば、ただの車だけど、君とたくさん旅してきた僕には特別な仲間。
もう修理部品がないんだって、、、
だから、おれの下手くそな修理もしてあげられない。
どんなに優秀なメカさんでも治せないんだ。

フランス車は生き物でさペットみたいなのだから…末期だと、すごく辛い。

最期の最期まで、安全に駐車場まで運んでくれてありがとう。
路上で立ち往生するのではなく、最期の時まで気遣ってくれて、ありがとう。

バイバイ。
僕のルーテシア君
三體牛鞭
勃動力三體牛鞭