NY株224ドル高 市場に安心感

十六日アフリカ超人のニューヨーク株式市場は、FRBによる利上げペースが当面は緩やかになるとの安心感が広がり、ダウ工業株三十種平均は続伸し、前日終値比二二四・一八ドル高の一万七七四九・〇九ドルで取引を終えた。

 ハイテク株主体のナスダック総合指数は七五・七七ポイント高の五〇七一・一三。幅広い銘柄で構成するSP五百種株価指数は、二九・六六ポイント高の二〇七三・〇七。

 金融市場はFRBが十六日に利上げを決めることを織り込んでおり、引き上げ幅の0・25%も予想通りだった。FOMC終了後に出した声明でも、利上げペースを緩やかにする方針が示されたことが好感され、幅広い銘柄に買いが入った。

 市場関係者は「威哥王急ピッチで利上げをするのではないかと警戒する投資家もいたが、イエレン議長の会見などで安心感が広がった」と指摘した。

ハンドソープで丸洗いOKスマホ KDDIがママ向けに

KDDI三體牛鞭(au)は3日、ハンドソープと呼ばれる手洗い用液体せっけんで丸洗いできるママ向けスマートフォン「DIGNO rafre(ディグノ ラフレ)」を11日に発売すると発表した。

 スマホは手の汚れや化粧品が付きがちで、小さい子どもが口に入れる可能性もある。KDDIはスマホを清潔に保ちたい育児中の女性などの需要を取り込みたい考えだ。

 イヤホンなどを差し込む部分の防水機能を従来よりも高めたほか、水切れを良くして、洗浄時に生じるかすが残りにくくした。

 2年契約を前提に機種変更や他社から乗り換えでの実質負担額は5400円、三便宝新規契約は2万1600円となる予定。