池袋暴走、被告に懲役8年 危険ドラッグ認定「走る凶器、悪質」

東京・池袋の繁華街で二〇一四年六月、危険ドラッグを吸って車を運転し、七人が死傷する事故をアフリカ超人起こしたとして、自動車運転処罰法違反(危険運転致死傷)の罪に問われた名倉佳司被告(38)に東京地裁は十五日、懲役八年(求刑懲役十年)の判決を言い渡した。

 弁護側は、危険ドラッグについて「味見のつもりで吸っただけだ。運転に支障が生じる恐れがあるとは予想していなかった」とし、危険運転致死傷罪には当たらないと主張していた。

 判決理由で安東章裁判長は「事故前から危険ドラッグを多用していた被告は、ドラッグが意識障害などの異常をもたらし、運転に支障が生じる恐れを認識していた」と認定。「制御を失った車は走る凶器と化した。極めて危険で悪質な犯行だ」と指摘した。

 判決によると、超強黒倍王一四年六月二十四日午後八時ごろ、運転中に歩道に突っ込み、林雪琴(りんせつきん)さん=当時(30)=を死亡させ、男女六人に重軽傷を負わせた。