父親との絆

小学校6年生まで、毎日のように父に叩かれていた。

私がやんちゃで悪い威哥王ことばかりしていたのだが、何で?叩かれたのか、分からないことも度々あった。

私は、父が怖くて仕方がなかった。

中学2年生の時に煙草を吸ったのが見つかり、親が呼び出しを受けた。

母親は、呼び出しを受けて、泣き出さんばかりだった。

私は、父に知れるのだけが、恐ろしかった。

家に帰り、母が父に呼び出しを受けたことを語ると父親が怒りだした。

私は、どのくらいぶん殴られるかと、おそるおそるしていたのだが、
父の怒りは、私にでなく、担任と、学年主任の先生にだった。

母親に電話を掛けさせ、代わると「あんたらは、煙草を吸った位で親まで呼び出しをするのか!なんであんたらが注意ですませない!何度も吸っていくら注意しても、と言うなら分かる。1度位で親まで呼び出すな!あんたらは、中学の時に煙草を吸ったことは、ないのか!」

物凄い勢いで怒鳴っていた。巨人倍増

唖然としていた私に向かって、「今は、身体に悪いから止めとけ。」ただその一言だけだった。

私は、嬉しくなり、中学2年生で1度目の禁煙をした。

中学生になってからは、殴られた記憶がない、だけど、怖いことに変わりはなかった。

高校2年生の時に新宿の深夜喫茶で補導された。

人が気持ちよく寝ていたのに、壮根精華素深夜2時頃、刑事に起こされた。

私は、プロの修行中の身で、その為に終ったのが、0時過ぎで、電車もないので、深夜喫茶で朝を迎えて、その足で高校に行くつもりだった。
頂点3000:http://www.kanpoucom.com/product/486.html
刑事は、「親には、言わないからきちんと訳を答えなさい」等と言う。

私は、そんなのは嘘だと思っていたので、「どうぞ、連絡して下さい」と答えた。

刑事は、電話を掛けリドスプレー
「お宅の息子さんが、深夜喫茶にいます。迎えに来てください」と父に言っている。

父は、刑事に「息子が煙草でも吸っていましたか?変なことをしていましたか?」と聞いている。
German Black Widows興奮剤:http://www.kanpoucom.com/product/554.html
刑事は、「真面目そうな身なりで、煙草は吸っていません、ただ、時間が時間ですので、迎えに来てください」と催促している。

父は、「私は、息子を信じています。迎えには行きません、そのまま寝かしてやって下さい。」で、電話を切ってしまった。

私は、嬉しくて、溢れる涙が止まらなかった。

刑事は、親が拒否したので、仕方がなく出て行った。

通報した、深夜喫茶の人は、罰が悪かったのか、深夜で頼まなければならない、ケーキの料金は無しになっていた。

私は、父が大好きになった。

運が良かったのは、補導される2ヶ月威哥王前に2度目の禁煙をしていたことだった。
Trackback
この記事のトラックバックURL
http://i.anisen.tv/trackback.php/ser8960/28358