東京10区補選

自民党は二十一日、小池百合子都知事の衆院議員失職に伴う十月の衆院東京10区補欠選挙で、D10催情剤 ,若狭勝衆院議員(比例東京)を公認候補として擁立することを決めた。近く古屋圭司選対委員長が若狭氏に直接通知する。自民党は、都知事選で党の方針に反し小池氏を応援した若狭氏を口頭で厳重注意処分としたが、小池氏との対立回避を優先して公認を決めた。蔵八宝.

 古屋氏は記者会見で「論文、面接、情勢調査を踏まえ総合的に判断した」と説明。二〇二〇年の東京五輪・パラリンピックに触れ「都と国の連携は極めて重要だ」と小池氏との関係を重視したことを示唆した。

 ただ、自民党東京都連は都知事選で小池氏を支援した区議七人に離党勧告をするなど、小池氏側との対立が尾を引いている。別の自民党区議は「都連が求めた若狭氏に対する厳しい処分が行われなかっただけでなく、公認まで出したのは残念。党の結束が揺らぎかねない」と執行部を批判し、補選での挙党態勢づくりに課題を残した。

 同補選は十月十一日告示、二十三日投開票。民進党は元NHK記者の鈴木庸介氏、共産党は党都委員の岸良信氏を公認している。
D5催情剤