マタマーク論争ですか…

知らない、マーク付けてるのを見たことがないという人は、まぁ妊娠に興味がない人でしょうね。
主人も言ってました。
『自分の嫁が妊娠して改めて街中を見てみると、妊娠してる女性がすごく目につく。』と。

自分の嫁が辛そうにしてたら、よその妊婦さんにも手助けしてあげなきゃという気にもなる。大きなお腹になる前のほうが体調的には最悪で、大きなお腹はバランス取りづらく足元も見えない。そういう『知識』も、妊婦の家族なら持ってる。

ただ、当の女性でさえ、実際に子を宿すまではわからないし、知らない事も多いのが妊娠。そういうことを勉強したり、家族から見聞きしてる人ばかりではないから。
男性にとっては、想像するしかない出来事。

興味のない人にとっては『自分のほうが疲れてる』『元気そうにしてるのに席を譲れと無言で圧力かけてくるな!』となるのでしょう。
『他人のガキ孕んでるからって知ったことか』と言う人さえいます。

では、あなたが具合が悪いとき『自分の体調管理が悪いせいでしょ?』『忙しいのも、あなたの仕事の都合でしょ?』と言われたら…?
そして、だからと言って自分からはやはり『席を譲ってください』とはなかなか言えない人もいるのではないでしょうか。

妊婦は特別な存在か?といえば、私はそうだと思います。なぜなら、彼女らがお腹に宿しているのは新しい『人間の命』だからです。危険な目にあったりするような事態は避けなければなりません。
催淫:http://www.xn--o0q550b5sivv6a3ud.com/
しかしながら、『権利を主張するような存在でもない』と思います。妊婦だから問答無用で優遇。そう言うことではないんです。

妊婦がいても、自分のほうが辛い、席を譲りたくないと思うなら譲らなくてもいい。
小さな子供が迷っていたら自然と親探しをしてあげるように、今は目に見えない子供にも親切にしてくれませんか?と、『気付いてない人に気付いてもらうためのツール』なんです。

喫煙問題と同じです。マナーの悪い人が悪いのであって、喫煙者全体が叩かれるのはおかしい、とよく言われているでしょう。
マナーの悪い妊婦は、妊婦だから悪いのではなく、『その人のマナーが悪い』だけなのです。

マタニティーマークを毛嫌いするのではなく、少しだけ、自分の大事な人がこうだったら…と想像してみてください。
そういう『お願い』です。
催淫剤:http://www.xn--o0q550b5sivv6a3ud.com/
私が、お腹が少し出てきた頃、一人で電車に乗る機会がありました。混んではいませんでしたが空いてる席も無かったので、出入り口付近の手すりに掴まって立ってました。
特に悪阻が酷い時期は抜けてましたが、不安ではありました。
そうしたら、若い男性が『どうぞ』と言って、席を譲ってくれました。去り際にもう一度お礼を言おうと目で追っていたのですが、気恥ずかしかったのか、こちらを見ずに出ていってしまった。
他人なのにありがとうって、実は少し泣いてしまいました。

せめて、妊婦だからと暴言をはくような人はいなくなって欲しいと、私は願っています。