鏡に映る自分の姿に興奮し噴き捲る祐子

騎乗位で腰を振り喘ぎ捲る祐子。先端を子宮に擦り付け悶絶寸前です。「ここいいわ!先っぽが子宮に擦れて逝きそう。旦那のちん○なんか目じゃないわ。ぶっといし長いから今度旦那とヤる時は演技しなきゃいけないかもね。あぁ気持ちいい!ねぇ下から突いて!子宮に突き刺さるくらい激しくして!」と腰を浮かす。
蔵八宝
そしてずんずん下から突き上げると「あっ!ヤバい!出ちゃう。ちょっとオシッコ行かせて!こんなとこでオシッコ漏らすの嫌!」と言うが無視して突き捲ると祐子は体を反らせ腰を浮かすとオシッコを漏らし俺の腹を濡らす。「あん もうやだ!出ちゃった。意地悪な人ね。まだ射精してないわね。」と言うと向きを変え背面座位になりM字開脚し後ろ手になる。正面にある鏡にやらしい格好が写し出された。それを見た祐子の淫乱な心に火が着き自ら腰を上下させる。
九州神龍
「やらしいわ!貴方のちん○が祐子のオマン○に入ってるのね。ほら 凄いでしょう?ぶっといちん○がやらしいわね。あぁ気持ちいい!ねぇ突いて!」と浮かす腰を掴み激しく下から突き上げると髪を振り乱し悶え捲る。白いマン汁がちん○にまとわりついて光る。「いいわ!丸見えだわ。やらしいちん○が見える。」
Calendar
«  July 2016  »
S
M
T
W
T
F
S

 
 
 
 
 
1
2
3
4
5
7
8
9
10
11
12
13
14
16
17
18
19
20
21
22
24
25
26
27
28
29
30
31
 
 
 
 
 
 

search this blog.
category
archives
links
others