ダイエットの落とし穴

実は、ヒトは食べなければ太るようにできているのだそうです。

カラダは飢餓状態に陥ると、本能的に生命を守るため、体内の脂肪を溜め込み、空腹時でも脂肪を分解してくれなくなるといいます。

なので、極度の小食生活を続けていると、その低燃焼体質となってしまうので、なかなか痩せないし、通常の食事に戻すと食べ過ぎになり、太ってしまうのだというのです。

つまり、食事は3食きっちり食べること。

食事の間隔を空けると、余計に食事からエネルギーを摂取し取り込むので、3食きっちり食べたほうが脂肪燃焼のためには良いそうです。

実は食事回数が少ないほうが太りやすいという落とし穴がここにあるのだとか。

朝食抜きも太りやすい体質になりかかっていて、トータルで1日のカロリーが消費カロリーより低ければ自然と痩せるというのです。

また、ご飯こそ、日本人にぴったりなダイエット食なのだそうです。

普通に食べる分には太る心配はなく、やわらかいパンや麺類よりもはるかに消化に時間がかかり、カロリー消費してくれるご飯はダイエットの味方とのことです。

意外に知らないことが多いです。

こんな情報、Tarcha Tex Coさんのサイトなどで集めています。
  • 美容 |
  • 2016-06-30 18:47:16
Calendar
«  June 2016  »
S
M
T
W
T
F
S

 
 
 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
 
 

search this blog.
category
archives
links
others