水嶋ヒロ、絢香の新アルバムをアピール!「2人の絆最高」「素敵な夫婦」の声

俳優の水嶋ヒロが26日、妻で歌手の絢香がレコーディングしている後ろ姿を自身のInstagramで公開し、4月15日発売の新アルバム『レインボーロード』を猛アピール。夫婦の絆に感動の声が寄せられている。
催淫剤
水嶋は「4月15日発売のあるばむレインボーロードに含まれる数曲をレコーディング中 」という説明と共に、レコーディングに挑む絢香の写真を掲載。「どの新曲もヤバすぎ」「みんなビックリ」「色々出来すぎ」「乞うご期待」とハッシュタグを付けて、その仕上がりを絶賛した。
徳国黒金
この投稿にファンは、「2人の絆最高です」「仲良し夫婦 憧れです」「ああなんて素敵な夫婦なのキュンキュンするぅ」「お互い尊敬しあえる夫婦ってほんとに素敵ですよっ」と感動。「ヒロくんがそばにいるから気持ち安定して絢香ちゃんの才能が花開いてるんだと思います」というコメントも寄せられている。
蔵秘雄精
そして、「楽しみ!!!」「今すぐ欲しい~」「待ち遠しい」「どんなビックリがあるのか楽しみ!!」「早く聴きたい!」「わぁ~! そんなすごい曲ばっかりなんですね!」と、新アルバムを期待する声が続々と上がっている。

Twitter、40以上の言語に対応した翻訳機能を追加 - Bing翻訳を利用

Twitterは22日、外国語のツイートを自動で翻訳する機能を追加した。同機能は、twitter.com、Twitter for iOS/Android、TweetDeckにて利用できる。
終極痩身
追加されたのは、外国語のツイートを自動的に翻訳する新機能。Bing翻訳と連携した機能で、40を超える言語に対応している。翻訳が可能なツイートには、地球アイコンが表示され、タップすることで元のツイートの下に翻訳されたツイートが表示される。

ツイートの翻訳を表示するオプションの有無や、翻訳言語は「アカウント設定」の「ツイートの翻訳」から変更可能だ。天天素

マツコ?デラックスがエスカレーター式の学歴に忠告「一貫校卒のヤツらは使いものにならない」

14日放送の「マツコ&有吉の怒り新党」(テレビ朝日系)で、マツコ?デラックスが「一貫校卒」について厳しい意見を語る一幕があった。
妻之友
番組では視聴者からの「小学生に対して過保護すぎる」という怒りメールを取り上げた。マツコは「あんまり手をかけちゃうと、なんにもできない子になっちゃうよ」と心配した。有吉弘行は、いわゆる「エスカレーター式」と呼ぶ、無試験で進学できる一貫校を語った。有吉は、子どもが一貫校に入学することで満足している親に腹が立つのだという。するとマツコは「親御さんにはこれだけは言っておく」と前置きし、無試験で学力の高い大学に進学した「(一貫校卒の)ヤツらは使いものにならない!ほんとに」と断言した。

続けてマツコは、ごく一部に天才はいるとしながら「だいたいのヤツは社会に出ると、要領がわかっていないのか、闘争心がないのかわからないけど…」と“使いものにならない”理由について語った。一方で、マツコは「野っ原駆けまわってて、高校のときに頑張って勉強して、いい大学入りました、みたいなヤツが、私が(一緒に)仕事をしてて頑張ってるなって思う人たち」と語り、この意見に有吉も頷きながら同意した。催情丹

浅田舞さん“幸せの伝説”受け継ぐ!?結婚&出産「近いうちには…」

プロフィギュアスケーターでスポーツキャスターの浅田舞さん(26)が7日、東京?松屋銀座で開催中の「没後400年 古田織部展」(19日まで)を来訪。友禅染のあでやかな振り袖姿を披露した。
縮陰膏
年初に着物を着るのは成人式以来だそうで「身がキュッと引き締まる思いです。プライベートでも着物の似合う女性になりたいですね」と笑顔。同百貨店の新春イベントに晴れ着で訪れたゲストは、一昨年のビーチバレー?浅尾美和(28)が結婚、昨年の競泳?寺川綾さん(30)が結婚、妊娠と幸せになるという“伝説”が生まれつつあるが、「私も27歳になるし、後に続きたいと思うけれど、途切れさせたらどうしようとも思っています。そうなったら来年また呼んでください」とおどけた。

ヒップホップグループ「シクラメン」のリーダー?DEppa(31)と今春にも結婚と一部で報じられているが、「あの方(DEppa)なんですかねえ?女性として幸せになりたいので、あったらすぐに報告します」とオトボケ。それでも、「同級生が結婚したりお母さんになっているし、私も結婚して素敵なお母さん、奥さんになるのが20歳の頃からの夢で、今の夢でもあるので近いうちにとは思っています」と意味深な笑みを浮かべていた。牛黄清心丸

牛乳は、食のアメリカ化の象徴

適応できない場合には、健康上の諸問題が発生します。牛乳はもともと日本人が摂取してきた食品ではなく、戦後になって飲むようになったものです。終戦直後の食糧難の時代に、当初は援助物資としてアメリカから日本に送られたのが小麦と粉乳でした。このどちらもがその後、日本においての食生活の重要な位置を占めるようになったことは、単なる偶然とは到底思えません。
司米安
援助物資として送られていたのは短期間で、その後は当然のことながら日本がアメリカから輸入することになりました。要は、ビジネスです。つまりアメリカは戦略的意図をもって、日本人に小麦と牛乳を与えた、ということです。そんな中で、日本の伝統的な食生活のシステムは、根底から覆され、日本人の食事がどんどんアメリカ化していったわけです。その象徴的な食品が牛乳、といえなくもありません。

よくいわれることではありますが、戦前の日本人のほうが、今の日本人より健康的で、なおかつ強靭で敏捷な体であったようです。その頃の日本人で、牛乳を毎日飲んでいる人など一人もいなかったでしょう。達克寧
Calendar
«  January 2015  »
S
M
T
W
T
F
S

 
 
 
 
1
2
3
5
6
7
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
20
21
22
23
25
26
27
28
30
31

search this blog.
recent comment
category
archives
links
others