JR東海、SiC素子を採用した新幹線車両用駆動システムの実用化に目処

東海旅客鉄道(JR東海)は6月25日、パワー半導体素子に次世代半導体である炭化ケイ素(SiC)を採用した新幹線車両用駆動システムを開発し、実用化の目処が立ったため、今後東海道新幹線への導入を検討していくと発表した。
シアリス
SiC素子は発熱が少ないため、冷却機構を簡素化できるほか、損失の低減によりモーターの小型軽量化も可能となり、車両の軽量化および省エネルギー化を図ることが可能となる。

同社は2012年に同技術の検討に着手し、2015年から試験車両を使った走行試験を実施していた。導入した場合、N700系の駆動システムと比べて約20%(1編成あたり10t程度)の軽量化に加えて、さらなる小型化が可能となることで設計の自由度が向上すると考えられている。
レビトラ

米サウスカロライナ州知事、南軍旗の撤去を議会に要求

[チャールストン/コロンビア 22日 ロイター] - 米南部サウスカロライナ州のヘイリー知事(共和党)は22日、州都コロンビアの州議会議事堂に掲げている南軍旗を撤去するよう議会に求めた。
スーパーファット
17日に同州チャールストンの黒人教会で、銃を乱射し9人の信者を射殺した事件で逮捕された容疑者が、南軍旗とともに自身が映った写真をインターネットに掲載するなど白人優位のシンボルとして使ったことから、同州議事堂の南軍旗掲揚が批判の的となっていた。

同知事は記者会見で「半世紀にわたって掲揚してきた南軍旗を撤去すべき時がやってきた。同旗は我々南部人の過去の重要な一部だが、偉大な州の将来を象徴するものではない」と述べた。脂肪燃焼

マカオのスポーツくじ独占企業、ライセンス延長認可獲得=16年6月まで

カジノばかりが目立つが、マカオには競馬、ドッグレース、スポーツくじ、ロトといったギャンブルも存在する。

「マカオスロット」のブランド名でマカオでインスタントくじ、サッカーくじ、バスケットボールくじなどの事業を独占展開する澳門彩票有限公司がマカオ政府から1年間のライセンス延長認可を獲得したことが政府公報で明らかとなった。同社のライセンス期限は今年(2015年)6月5日だった。
美人豹
澳門彩票有限公司は1989年に設立され、当初は香港とマカオを結ぶ船内でインスタントロトの販売を行っていた。その後、1998年にサッカーくじ、2000年にバスケットボールくじの販売権を獲得。現在、マカオ市内9ヶ所のベッティングセンターのほか、インターネット、電話を通じてくじを販売している。ちなみに、同社が取り扱うサッカーくじの対象試合にはJリーグや日本代表戦も含まれる。

同社はマカオカジノ最大手のSJMホールディングスやマカオの競馬及びドッグレースなどを傘下に持つ総合観光?娯楽企業グループSTDM社(本社:マカオ)の子会社。インモラル
Calendar
«  June 2015  »
S
M
T
W
T
F
S

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
18
19
20
21
22
24
25
26
27
28
30
 
 
 
 

search this blog.
recent comment
category
archives
links
others