PS4『Ratchet & Clank』ゲームプレイプレビュー、単なるリメイクではないと開発者語る

先日、PS4向けに初代をリメイクすることが発表されたInsomniac Gamesの『Ratchet & Clank(ラチェット&クランク)』。本作のゲームプレイプレビューが公開されています。

海外サイトPolygonが公開した映像では、「Re: Imagined」バージョンとして新しく生まれ変わったステージとボス戦が展開。シリーズでもお馴染みのユニークな武器はもちろん、変化に富んだマップを動き回るラチェットの姿が収録されています。

また、同サイトのプレビュー記事で、Insomniac GamesのコミュニティリードJames Stevenson氏は「オリジナルはモダンではなかった」と発言。加えて、「エイムも掃射もできない旧作の単なるリメイクではなく、新たな始まりにしたかった」と述べました。そのため、本作ではPS3版『Ratchet & Clank』と同一の操作を目指し、フリーエイムや横跳びが可能になるとのこと。

PS4『Ratchet & Clank』は2016年春ごろに発売延期しましたが、E3でプレイアブル出展予定。今のところ、国内向けの発表はありません。