非常に怖い「デタラメ記事」

あなたは大丈夫? 実はこんなに怖い「プチ買い物依存症」

依存症というのは、厳密な診断基準などがあるれっきとした精神疾患。
治療をするには、本人の努力は勿論、大切だが、しかし、本人の努力だけでどうにもならないような状態になっているからこそ「精神疾患」なのである。記事の中にある衝動買いをしやすい、とか、だから現金払いにすれば問題解決だ、なんていうのは依存症でも何でもない。
ただ、財布の紐がゆるいだけ、である。
本当に依存症になってしまった人は、問題は現金払いなどで解決など出来ない。現金がなければ、借金をするし、借金が出来ないなら、買い物をするために犯罪などにも繋がってしまったりする。だからこそ、「病気」なのである。

先も書いたけど、治療の為に本人の努力は大切。
でも、それだけでは難しいから、医師とか、ケースワーカーとか、そういう専門家と一緒に治療していくのである。
他の病気で考えればわかりやすいだろう。
例えば、癌になってしまった人。その人に、本人の努力でどうにかしろ、と言っても無理なのはわかるはず。医師らによって手術をしてもらったり、抗癌剤などのような薬品による治療をしてもらう必要がある。でも、それだけではなく、その上で本人がリハビリを頑張るとか、努力をすることによって、元のような生活を取り戻すことが出来る。
それと同じ。
にもかかわらず、定義にも全く当てはまらないものに「依存症」などとつけ、滅茶苦茶な対処を紹介する。
本当に依存症で苦しんでいる人に対して、意識が低いからだ、というような偏見を植え付ける危険性があるし、また、依存症かも、と言う人に間違った知識を植えつけてしまう。

本当に、デタラメ記事というのは恐ろしいものである。
壮三天:http://www.xn--ehq78xdf.com/
女性用精力剤:http://www.xn--o0q550b5sivv6a3ud.com/
女性用媚薬:http://www.xn--o0q550b5sivv6a3ud.com/
Calendar
«  April 2016  »
S
M
T
W
T
F
S

 
 
 
 
 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30

search this blog.
category
archives
links
others