被害に遭っても自業自得

むしろ加害者の男が気の毒にすら思えるわ

ネットで知り合ったやつにほいほい会うからいけないんでしょ

出会い系で知り合って売春だかなんだかしようとして 相手の男逮捕 とかニュースもたまにあるけどさ…

女の方だって会っといて文句言ってんだか警察に告げるんだから知らないけど、会ったならもう文句言うなって感じる

出会い系で会っといて文句言われる方が気の毒だわ


だからこのニュースのも 女児のこと可哀相とか思えんわ

出会い系にしろそうじゃないにしろ、
ネットで知り合った人に会うには警戒して それなりの覚悟もしとくべきだと思うけど

服脱がされるだけで済んだり ちょっと触れるだけですむこともあるかもだけど,
無理矢理されたり 殺される場合だってあるかもなんだから


女児本人もどうかと思うけど、親もなんだかね

皆持ってるからとか合わせないと とかあるのかもだけど,小学生にスマホなんかホントはいらんだろ
三体牛鞭
威哥王

「サバサバ女子」は「パサパサ女子」?

いちばん警戒するのは,「自称サバサバ女子」。
その次に警戒するのは「同性評サバサバ女子」。
「自称」は特に勘違いが激しい場合が多い。

仕事場では……「私は仕事が出来るのよ」オーラの強い人。
実態は,仕事が出来ても出来なくても,似たようなもの。
「デキる女」をアピールする人は,「自称サバサバ女子」に多い。
時として,同性評を集めることもある。その場合,頼られる先輩だったりする。

私は全面却下。「仕事が出来ません」オーラを出して,全面的に甘えてやり過ごすタイプよりは,マシかも知れないけど,所詮は「デキる女」であることをアピールしたい,褒めて欲しい。

私だったら,さりげなく何でもこなせる実力派を推す。
つまり,「自称サバサバ女」は……極端な自己中心的発想。「人からどう見られたいか」へのこだわりの強さ。「合理的」の名の下の面倒臭がり→やりたくないことには手をつけずに切り捨てる。
目立つ実績が上がることが大好き。泥臭い仕事は嫌い。
こう言う人に向いている職種もあるかも知れないけど,たとえ,自分の好き嫌いと職種が噛み合って,本当に仕事が出来たとしても,個人的なお付き合いとは別物。

プライベートでは……
意外と型にはめたがる。自分も相手も。「自分はこう言う女なんだ」と言う意識が強いから,「相手もこう言う男であるべき」と言う意識が働く。面倒臭がりがポジティブに出ると,片付け上手と言われ,すぐに何でも捨てる人になり,ネガティブに出ると,汚部屋の主になる。
「合理性」には,時として,「まめさ」や「柔軟性」,「気遣い」が要求される。
見た目の合理性だけでは上手く恋愛が出来ないのも,分かるような気がする。
それを「サバサバしたキャラクター」だと思って歓迎してくれる人も,居るかも知れないけど,私は単に,「気の利かない人」と言う判断をする。実際,さりげなく気遣いの出来る人に,弱いんだ……

要は,度が過ぎれば,何でもマイナスになるのだ。
「自称サバサバ女子」は,しばしば「サバサバ」を通り越してしまう。
それから,自分で自分のキャラを決めつけないで欲しい。
その人の個性は,相手が受ける印象でしかない。つまり,相手が判断するもの。だから「サバサバ」を自称する人は,そう見てくれと強力に主張しているわけで,それをそのまま信用することはできない。
紅蜘蛛
催情剤
威哥王
Calendar
«  June 2016  »
S
M
T
W
T
F
S

 
 
 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
24
25
26
27
28
29
30
 
 

search this blog.
category
archives
links
others