アンチエイジング

人間誰しも歳を重ねると、少しでも若くありたいと思うものらしい。
自分も40を過ぎた頃から誕生日会はただのシャレになってきたから
その気持ちはすごくよく分かるけど、、、。
昨夜少し琴線に触れた奥様が今夜には女子大生に変身していた。
最初は自分の記憶違いで、ついにボケが始まったかと思ったのだけど。

オヤジでも気恥ずかしくなるような素敵なメールと、
妖艶な写真を送ってくれた女性が数日で消えていくのと、
どうやら同じ類の症状らしい。
目くじら立てるほどの事ではないから、それぞれ都合があるんだろうなぁ、
と、曖昧ではあるけど、やはり大人な理解をしておいた方が良さそうだ。

SNSの中は、プラセンタ不要のアンチエイジング、、
アバターならJKどころか胎児にだってなれるのだから。

その昔、リセット、という芝居を紀伊國屋ホールで観たのを思い出す。
都合が悪くなったら履歴をデリートして新規登録を繰り返せばいいらしい。
でもね、一つ弱点があって、リセットを繰り返すたびに寿命は縮まるとのこと。
抗生物質や遺伝子組み換えと似たようなこと、かもしれない。
そんなに急がなくてもね、とXmasケーキにのったイチゴたちを見て思う。
早春の気分でハウスから出荷されたら、外界は厳しい寒波。
本来は暖色系のはずの赤が、なぜか寒さをより強く感じさせる。

でも、なんでここにはこれほどまでにクリボッチを叫ぶ人が多いのだろう。
ちょっと賑やかな街を歩けば、楽しそうな笑顔が溢れているというのに。
それだから、余計に孤独や虚しさが募るというのも分かるけど、
一人ぼっちは、本来、独り法師、と書いたらしいから、
唯我独尊、、、そう、画竜点睛。だからあえて龍に目を入れず、です。
妖姫
花痴