日本企業、最後の巨大市場へ アフリカ側と覚書73件

ケニアの首都ナイロビで開かれた第6回アフリカ開発会議(TICAD6)で、日本の22企業・団体がアフリカ側と計73件の覚書(MOU)を締結した。日本企業の展示会には84企業が出展。「最後の巨大市場」での事業拡大に向け、存在感をアピールした。

TICADの全体会合で、議事進行を務めるケニアのケニヤッタ大統領(左)が日本を中国と言い間違えたが、気にしないというようなジェスチャーで笑顔を見せる安倍晋三首相(右から2人目)=28日、ケニア・ナイロビのケニヤッタ国際会議場、飯塚晋一撮影

 日本企業が現地で事業を進めるにあたってアフリカ各国政府などと覚書を結んだ事業分野は、エネルギーや人材育成、疾病対策など多岐にわたる。

 NECはコートジボワール政府と、生体認証技術などの新技術で治安対策に協力することで合意した。テロ対策やサイバーセキュリティーの強化に向けた取り組みを進める。

 丸紅は計14件の覚書を締結。ナイジェリア政府との間では、総事業費1900億円規模の火力発電所受注に向けて調査を始めることを決めた。計画される発電能力は180万キロワット。

勃起促進
ペニス増大
ED治療薬

生活介護利用日。

到着後、お茶をもらう、検温、血圧測定、脈拍測定、朝礼、ラジオ体操をする、ストレッチ運動をする、ボケ防止の計算練習をする、しばらくして、給食提供サービスを受ける。

今日の給食のメニューは、ごはん、みそ汁、コシーニャコロッケとチーズドック、牛しゃぶ肉のごま和え、つけもの、お茶。昼食後、自動販売機の缶コーヒーを1本飲む、福祉施設の中庭の喫煙所で、タバコを3本吸う、午後1時30分過ぎから、入浴介助サービスを受ける。入浴終了後、しばらくして、お茶をもらう、おしぼりをもらう、しばらくして、終礼、しばらくして、捺印して、しばらくして、送迎車に乗って、自宅に帰宅する。

お昼のテレビのNHKのニュースのトップのニュースは、台風9号接近

藏秘男宝
狼1号,狼一号
アフリカ超人

矢沢、2度敗退の珍事=異例の再レース―110障害〔五輪・陸上〕

男子110メートル障害の矢沢は予選敗退。1組で6着に終わり、サブトラックに引き揚げて「ぼうっとしていた」ところに、再レース実施の知らせが来た。

 予選は2組の時に雨が強くなり、中断を挟み3組以降を再開。しかし、条件が違い過ぎると一部の国から抗議があり、雨の影響を受けた最初の2組を走った選手のうち着順(各組上位4人)での準決勝進出を逃した計8人にもう一度機会を与える異例の措置が取られた。

 13秒66を切ることが通過の条件とされた再レースには6人が出場。矢沢は中盤以降の伸びを欠いて13秒88と振るわず、「一度負けていたので複雑だった」と胸中を明かした。

 2度走って2度敗退の珍事。6月に日本歴代3位の13秒47をマークした実力は発揮できなかったが、「五輪でこういう経験をしたら、この先どんなことがあっても対応できる」と前向きに捉えていた。(時事)

SPANISCHE FLIEGE D5
蒼蝿水
西班牙蒼蝿水

内村2連覇 垣間見えた頂点を争った2人の友情 ベルニャエフ「無駄な質問だ」

「リオ五輪・体操男子個人総合・決勝」(10日、リオ五輪アリーナ)

 ロンドン五輪金メダリストの内村航平(27)=コナミスポーツ=が、6種目合計92・365点で44年ぶり史上4人目の連覇を達成した。内村はトップと0・901点差で迎えた最終種目の鉄棒で着地まで完ぺきな演技を見せ、大逆転勝利を飾った。2位は0・099点差でオレグ・ベルニャエフ(ウクライナ)だった。

愛娘とともに…内村の演技を見つめる妻・千穂さん

 メダリスト会見では世界大会8連覇の内村に対し、海外メディアから「あなたは審判に好かれているんじゃないですか?」という質問が飛んだ。内村は淡々と「まったくそんなことは思ってない。みなさん公平にジャッジをしてもらっている」と答えた後、この質問に怒っていたのが誰であろうベルニャエフだった。「審判も個人のフィーリングは持っているだろうが、スコアに対してはフェアで神聖なもの。航平さんはキャリアの中でいつも高い得点をとっている。それは無駄な質問だ」と言い放った。

 会見の中ではベルニャエフと、銅メダルのマックス・ウィットロック(英国)から内村への称賛が相次いだ。「大変素晴らしい。彼は皆のお手本です。今日の最後の鉄棒は言葉がない。クレイジーとしかいえない」(ウィットロック)、「航平さんを一生懸命追っているが簡単じゃない。この伝説の人間と一緒に競い合えていることが嬉しい。世界で1番クールな人間だよ」(ベルニャエフ)。賛辞の嵐に内村は真ん中で気恥ずかしそうにしていた。

SPANISCHE FLIEGE D5
蒼蝿水
西班牙蒼蝿水

<リオ五輪速報>柔道66キロで海老沼が銅メダル「気持ちで負けた」

リオ五輪の男子66キロ級が7日、現地で行われ、ロンドン大会銅メダルの海老沼匡(26、パーク24)が銅メダルを獲得した。3位決定戦の相手はカナダのアントワヌ・ボシャール。まずは有効をとり、残り1分を切ったところで、背負い投げを決めて1本勝ち。意地の2大会連続の銅メダル獲得となった。
なお金メダルは、イタリアのファビオ・バジレが韓国のアン・バウルを1本で下し初優勝を果たした。

 海老沼は初戦の2回戦から気合十分。地元の大声援を受けるチバナ(ブラジル)を横四方固めで破ると、3回戦は馬端斌(中国)を袖釣り込み腰で1本勝ち、準々決勝では、マテオ(ドミニカ共和国)を圧倒、最後は背負い投げで仕留め、オール1本勝ちで準決勝を迎えた。準決勝の相手は、昨年の世界選手権覇者で世界ランク1位のアン・バウル(韓国)。両者共に組み手に神経を使うあまり、決め手に欠ける展開で、ひとつずつの指導を受けて、勝負はゴールデンスコア方式の延長戦にもつれこんだ。焦れた海老沼が、背負い投げに入ったところを逆に返され有効を取られ敗戦。それでも気持ちを切り替えて3位決定戦に臨んでいた。

 史上初の金メダルなしとなった前回のロンドン五輪。海老沼も銅メダルに終わった。世界選手権では3連覇したが、オリンピックで勝つためには、何かが足りない。海老沼は、オリンピック3連覇の野村忠宏の元を訪ねて、勝つためのメンタリティを聞いたという。リオ五輪の代表を決める最終選考会である4月の体重別では、ホープの阿部一二三に、1本負けを喫した。阿部を出すべきとの批判も起きた。「五輪の借りは五輪で返す」。屈辱を晴らすにはリオでの金メダルしかなかったが、悲願を果たすことはできなかった。

 試合後、海老沼は、悔し涙を浮かべた。
「準決勝は、気持ちの部分で負けた。あそこで踏ん張れなかったのが敗因です。準決勝の試合中に怪我? それは関係ないです。ただ、メダルを取るのと、取らないのでは違うので、ぶざまな試合ですが、なんでもいいからメダルだけは取って帰ろうと思った。金メダルを取って(妻と)一緒に喜びたかったが力不足です」
 2大会連続の銅メダル獲得にも、海老沼には悔しさしか残っていなかった。

蟻力神(第五代)
シアリスCialis

大気非常に不安定 東・北日本は4日にかけて局地的な大雨に警戒

あす4日にかけては、北日本や東日本を中心に大気の非常に不安定な状態が続く見込みだ。大雨になるおそれがあるため、引き続き、土砂災害や低い土地の浸水などに警戒が必要となる。

 日本付近には南から暖かく湿った空気が流れ込んでおり、北日本や東日本の上空6000メートル付近には、-6℃以下の寒気が流入している。この影響で、あす4日にかけては、北日本や東日本を中心に雷を伴った1時間に50ミリ以上の非常に激しい雨が降り、大雨になるおそれがある。

 <4日朝までに予想される雨量(多い所)>
 北海道、北陸、四国        120ミリ
 東北、関東甲信、東海、九州南部  100ミリ

 土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水・氾濫に警戒するとともに、落雷や竜巻などの激しい突風に注意が必要だ。
 発達した積乱雲の近づく兆しがある場合は、建物内に移動するなど安全確保を心掛けたい。また、ひょうが降るおそれもあるため、農作物や農業施設の管理に注意が必要となる。

徳国公牛
房事の神油
超強黒倍王