熊野古道22カ所、世界遺産追加登録へ ユネスコ決議案

熊野古道で知られる世界遺産「紀伊山地の霊場と参詣(さんけい)道」(和歌山、三重、奈良)について、新しい箇所を追加登録することを承認する決議案を、国連教育科学文化機関(ユネスコ)がまとめた。7月10日からトルコ・イスタンブールで開かれるユネスコ世界遺産委員会で正式決定される。

 追加されるのは、熊野参詣道の「中辺路(なかへち)」「大辺路(おおへち)」内と、高野参詣道のいずれも和歌山県内の22カ所で、計40・1キロ。新たに確認された山中の道や、保全態勢が整った神社の敷地で、政府が1月に申請していた。

 「紀伊山地の霊場と参詣道」は、和歌山の熊野三山と高野山、吉野・大峯の3霊場とそれらを結ぶ熊野古道など300キロ以上に及ぶ信仰の道で、2004年に日本で12番目に登録された。登録済みの世界遺産の追加登録は、石見(いわみ)銀山(島根)に続いて国内2例目。(守真弓)


 〈紀伊山地の霊場と参詣道(さんけいみち)〉 熊野三山(本宮大社、速玉大社、那智大社)に参る「熊野古道」を中心に、和歌山、奈良、三重3県にまたがって神道、仏教(密教)、修験道などの霊場を結ぶ信仰の道。豊かな自然と、神仏を敬う人間の営みが作り上げた文化的景観が評価され、総延長300キロ以上の道が世界文化遺産に登録されている。

街頭覇王睾丸素
アフリカ超人
徳国公牛