お願い…

「苦しんだ顔は、僕のお気に入りなんだよ。何でお前が、その顔をさせてる訳?」

真琴くんがそう言って瞳を光らせると、その時、急に、銃を持つ男の腕が変な方向によじれました。そして…銃が地面に落ちました。

「あははは…っ!」

「真琴くん、もうやめて!」私は彼に向かってそう叫んでしまいました。

「キミさっき殺されかけてたんだよ。何で止めるの?」

「それは…」

「こいつらは…僕の全てを奪ったんだよ。お父さんも、お母さんも…僕の大切なものを全部…僕はこいつらを許さない!お父さんを殺して、のうのうとでかい顔して生きてるこいつらを!全員に、死ぬより辛い苦しみを与えてやるんだ。ははははっ!」

「真琴くん!」真琴くんの悲痛な叫びに、私の胸が締め付けられてしまいました。

真琴コスプレ衣装くんの震えている肩を見つめていました。

真琴くんの瞳から、一筋の涙が流れ落ちていました。私は彼に駆け寄り、抱きしめていました。

「真琴くん…お願い…」

お兄ちゃんいる

新しい仕事を見つけました。それはidolish7のマネージャースの仕事です。結構楽しみにしています。

「万理さん、路上ライブの構成できましたよ。」

「ありがとうございます。じゃあ、みんなのレッスン見てきてくれますか。」

「はい、分かりました。」そう言って、みんなのところに行きました。皆はちょうど休憩中でした。

「お疲れ様です。」「マネージャー、お疲れ様。」

「リク、私たちに病気のことを教えてくれました。貴方は知っていたのですか。」

私は陸を見て微笑んでいました。「ちゃんと言えましたか、よかったです。小さい頃からお兄ちゃんが看病してたんですから。」

「お兄さん?」「陸、お兄ちゃんいるんですよ。」

「へっ、知らなかった、どんな人ですか。」陸は別に隠すようなことでもないので、私は言いました。

「皆よく知ってると思います。TRIGGERの九条天コスプレ衣装


退社

「退社か?」「はい、申し訳ありません。」
「いや、構わない、1人の穴はすぐに埋まる。」
社長室を出て、荷物をまとめて外に出った私はイライラを抑えて笑っていました。
「自由だぁ!」なぜか押し寄せる開放感が覚えました。
私はスマホを取り出しました。「退社できました。今から伺いますか。」
「ああ、そうしてくれると嬉しい。よろしく頼むよ。」
「はい、ではお昼頃に伺います。」私は行き先を告げて、ホッと一息をしました。
私は小鳥遊社長にマネージャー誘われました。
小鳥遊事務所に着きました。小鳥遊さんは私をみんなに紹介しました。
「いらっしゃいましたよ。ちょうどよかったね、みんなには言ってなかったけど、彼女は君たちのマネージャーになる。」
「マネージャー?」「こんな素晴らしい力を持った子が埋もれてたんだからね。」
「とりあえず、みなさんの名前を伺ってもいいですか?」
「自己紹介まだだったな…俺がリーダーの二階堂大和、で、こっちが和泉一織で、和泉三月、四葉環と、逢坂壮五と六弥ナギと七瀬陸。」二階堂さんは全員の紹介をしてくれました。アイドリッシュセブン コスプレ衣装
ここでの生活はなんだか楽しみです。

ポスター

サークルでは、使ったポスターは持ち帰って保存しています。サークルの多くが事前にサイトで告知しています。事前にそのサークルが分かっているのなら、メールなどで問い合わせてしておくべきです。当日にポスターを欲しいと思うなら、サークルの本を買った後で、「私はサークルさんのファンですが、サークルさんが貼るポスターが大好きです。次のイベントでもそのポスターを使おうと思っているが、もしイベント終了時に不要になる、そのポスターを譲っていただくことは可能でしょうか。譲っていただけるなら、いくらお支払すればいいですか。」と聞いたほうがいいです。「このポスターは捨てるんですか、だから私無料でください。」「いくらなら譲っていただけますか。」譲っていただけるかどうかは「好意」なので、有料・無料に関わらず行っていません。

桜花王子

「何かお望みはありませんか?」「いえ、そんなにお気を使わないでください。」「気など使っておりません。私はただあなたに喜んでいただけて嬉しいのです。」「桜花さんは不思議な方ですね。」「不思議?」「はい、桜花さんはすごく謙虚な方です。とても優しくて王子様らしくないというか……」
「そうなんです。私はあまり威厳がないですから。」
「違います。そういう意味ではなくて……」
私は慌てて否定しています。すると桜花さんは笑みを零しました。
「そういうあなたも、他国の姫達とはどこか違う雰囲気を感じます。」
「えっ。」桜花さんが着物の袖を口に当て、にっこりと微笑んでいます。
「王族として、堂々とした振る舞いをいつも心がけているのですが、どうも苦手でして、私にはないものを、あなたは持っているようですよ。」
桜花さんの手が私の頬に触れました。頬を撫でられて胸が小さく音を立てています。
「可愛らしい顔、豊かな表情、生命力に溢れていて……」
私はその柔らかい雰囲気が心を穏やかにさせてくれました。
夢王国と眠れる100人の王子様 コスプレ衣装