シルフの間

入った「シルフの間」は、屋内とは思えない広さで......家や室内競技場の大きさは余裕である。
コートを買う非常にまだ余剰スペースが残る床面積に加え、その広い空間をサポートするために巨木のような大理石の柱が高い天井に向かっていくつかのも増えている。
延々と続く赤いカーペットの道の両側には、トリエア皇帝を守護する騎士が並んでいた。
騎士の冷たい鎧は羽根車をおもてなしした記事に比べて装飾が増えて腰にあなたの剣の鞘にもハンモックを見事にしているように見える。
騎士以外の神聖なゴールドスコピエ帝国の重臣のような人物が一点に固まって控えている。その重臣のほとんどは、人であるが、ガンガンヒグァエルフとドワーフも混じっていた。
神聖なゴールドスコピエ帝国は種族と身分差別上等の封建的階級社会であるが、信賞必罰について公明正大らしくしたがって、エルフとドワーフなどの獣人種でも公的に見合えた場合貴族の地位が与えられるだろう。
コスプレ衣装
ラブライブ コスプレ衣装

薫は、自分の体が爆発したかのように錯覚した

薫は、自分の体が爆発したかのように錯覚した。
いずれにせよ、魂の純度が、他の密度が異なる硬さの異なる強度が異なっている。
ヨウンリョンヌンすぎる膨大な魂が薫の精神を削る満たそう。肉体を蹂躙して犯し尽くす。
現実にそうならは薫の「某野菜社交的に徹底した肉に某聖剣の鞘と同等の無限回復能力」と「危険な状況に陥る陥るほど落ち着いている鉄鋼精神」が肉体の崩壊を防止し、精神圧潰を無理に防いでいるに過ぎない。それも間もなく限界が来る。
みんなのためのとっておきのラブライブ コスプレ通販はここにある!
ラブライブ コスプレ通販
そして、現在のカードとの同調は全くされていない。
なぜなら薫の体は、イリヤ•フォン•アインツベルンやみうエースのような機能を持っていないから。赤い弓兵の腕を移植した青年との殺人の心臓を受け継いだホムンクルスのように、肉の接続を持たないから。
サモンの行事で、薫の体は小さな類似機構に可変したが、それはあくまで形が似ているだけでソウルを許容可能なボウルを得たわけではない。
したがって、薫ソウルの魂を身に納められない。
カヲルは召喚を続ける。

薫の口から声にならない悲鳴が漏れ。薫の前身は恐ろしい激痛が奔った。薫自身の魂の蓄積が白血球のように憑依に抵抗している。
感じているのは、皮膚の裏側に全面焼き鏝を強制的に、また高圧の電流を流しているような巨大な痛み。
精神を直接ズタズタベア引き裂かれたような錯覚さえ感じている。
しかしながら狂えない。 「危険な状況に陥る陥るほど落ち着いている鋼の精神」がかおる精神を維持する。カヲルは痛みを無視して、それでも召喚を続ける。

ちょっとあれなss

上記の場合の調製は、上記一方の決意。
4月25日。世論の違いを明らかに社長の前に重大な意思決定のスタッフ。アメリカから、大恐慌の最悪は、急速に普及東方の暗い小さな島を巻き込みました。うつ病、アメリカ、大統領が狂った土地であるもののヘッドでは、最初に他の国との貿易、国やコロニーになりました。それは彼自身だったか、フリーをアロます拒否され、世界中のフリー貿易のリーダー、アメリカのような「フリーな」強制、利己的な貿易保護を開始しました。これは、世界経済の裏切りです。これは、イギリス、フランス、オランダ、他の植民地時代の「もてる国」を怒らせ、大規模な景気以下のアメリカに移りました。
みんなのためのとっておきのコスプレ衣装通販はここにある!
そして西欧列強に追いつくためにゴーサイン。東方の島は、まだそのスローガンを修復することができ、このような大規模な植民地を持っているべきではありません。帝国は世界経済から除外されています。経済は水のようなものです。とからこそ循環の、我々はその生物のさまざまな生きることができます。現在、厳しい日差しが残した水たまりの場合です。それは行うことができますいずれか、待つまで乾燥しています。それは愚かなサイクロプスを指すために政治家であり、彼は混乱したシーンでした。
これは、コアの国となっている軍事、までの国ではなく、数回戦うことによって、民主主義はミジンコにあるこの無力な存在に反映されます。
みんなのためのとっておきのコスプレ衣装通販はここにある!

「プロの提督を雇おう」艦これ!

PART1 シージャック

天龍「あと15分ぐらいだな」

天龍「でも、気を抜くなよ。鎮守府に帰るまでが遠征なんだからな!」

第六駆逐隊「「「はーい!」」」

龍田「……」

龍田「動くな」グッ

天龍「っ!」

第六駆逐隊「「「うっ!」」」

龍田「みんな動くな!」

龍田「旗艦、機首を右にまわすんだ! この便はキューバ行に変更だ!」

天龍「キューバだって!? そ、そんなところまで、行く燃料があるものか!」

龍?「まわせといったろう。おれのいうとおりにしないと………」

??「みんなバラバラになって着底することになるぞ!」バッ

天龍「あっ!」

第六駆逐隊「「「うっ!」」」

ツ級「……」

PART2 その男を釈放しろ!!

ジャパン――横須賀鎮守府

執務室

長門「……どうだ? 憲兵に逮捕されている男の調べは進んでいるか?」

妙高「あの男は、カレー洋遠征基地の爆破事件の犯人に違いありません」

妙高「しかし……なんとしても証拠がつかめません」

妙高「あの男は何もしゃべらず黙っていますが……今にきっと証拠をつかんでみせます!」

長門「……」

長門「妙高……あの男をすぐに釈放するよう、手続きを取ってくれ」

妙高「えっ!?」

妙高「な、長門さん! もう少しなんです!」

妙高「もう少し時間をいただければ、必ず、やつの正体を……!」

長門「あの男が何者か、その正体はもう分かっているんだ、妙高」

妙高「えっ!? な、長門さん! それは!?」

長門「プロ提督と呼ばれている……プロの提督だ」

妙高「プ、プロ提督!!」

妙高「な、なら、遠征基地爆破は彼の仕業に間違いありません!」

妙高「何しろ、あんな場所で、あんな綺麗な爆破を見せた提督なんですからね……!」

妙高「時間をください、長門さん! きっと彼のしっぽをつかんでみせます!」

長門「……20分ほど前、鎮守府近海でシージャックが起きた」

長門「いま……龍田に変装していた軽巡ツ級は、遠征隊を人質に取って給油をしているよ」

妙高「はあ? そ、そんな事件が起こっていたのですか。しかし……」

長門「犯人は単独だが、遠征隊を爆殺するのに十分なダイナマイトを持っているらしい」

長門「しかもツ級は、手負い狼のようにいらだっている」

長門「何をしでかすか分からないという状況なのだ……」

妙高(…………)

PART3 9万ポンドの給油

鎮守府近海 補給基地

ツ級「いつまでグズグズしているんだ! いったい、あとどれぐらいの時間がかかるのだ!?」

天龍「キュ、キューバまで行くには……9万ポンドくらい燃料がいる……」

天龍「あと一時間はかかるはずだ……」

ツ級「一時間か……」

ツ級「だが、何度もいうが、へたなまねをすると本当に何事が起こるかわからないぞ!」

ツ級「艦娘につかまるぐらいなら死を選ぶ」チャバ!

ツ級「まさか……などとは思わないことだ。おれにまさかはないんだ!」

PART4 ピン-ホール

長門「一応……狙撃の名手を集めてはいるのだ」

長門「だが、艦砲が向けられていると分かった瞬間……やつは道連れ自殺を選ぶだろう」

長門「一撃必殺でなければならない。そう思うと、鎮守府きっての名手も尻ごみをしてな」

妙高「そのために選ばれたのが……」

長門「そう、プロ提督だ」

妙高「し、しかし、そのような大事なことを……」

妙高「犯罪者に任せていいものでしょうか!?」

長門「お前の気持ちは分かる。だがな……」

長門「このことは、何とか、ではできないことなのだ」

長門「Pin-hole(針の穴)を通すパーフェクトが必要なのだ!」

長門「それがプロ提督なのだよ……妙高」

妙高「……」

PART5 男は出て来た

横須賀鎮守府 留置場

妙高「釈放よ、プロ提督……」

提督(……………………)

妙高「でも、ことわっておくと……私たちは決して、貴方のことを諦めたわけじゃない」

妙高「必ずしっぽをつかんでやるわ」

提督(……………………)

妙高「相変わらず無言の行か……」

横須賀鎮守府 廊下

大和「久しぶりですね、プロ提督……」

提督「憲兵が終わったと思ったら、艦娘か……忙しいことだ……」

大和「佐世保鎮守府の『Mの店』以来ですね」

大和「あの時は貴方を敵に回してひどい目にあいました……」

提督「…………」

大和「ところで、ぜひ、貴方に頼みたいことがあるのです」

大和「内々の話なので、こちらの部屋に……」

提督「…………」

大和「あっ、失礼しました」

大和「私も相手に無様に背中を見せるのは好きではありませんが……」

大和「ここは貴方の流儀に合わせましょう」ガチャ

PART6 あと15分!!

ツ級「いつまでかかっているんだ!」

ツ級「もう一時間は過ぎているんだぞ!」

ツ級「どうにか言ったらどうなんだ、天龍!」

天龍「と、突然のことで手間取ってるのだろうさ」

天龍「なにせ、急な話だったからな……」

ツ級「何かたくらんでいるな……」

ツ級「鎮守府に連絡しろ! あと15分しか待たないとな!」

横須賀鎮守府 通信室

大淀「長門さんたちが打った手とは、何なのでしょうか……」

明石「さあ……」

明石「とにかく、何としても引き伸ばすように言われているわ」

大淀「…………」

PART7 間宮の店

北上「ん?」

大井「まだ開店まで2時間もありますよ?」

提督「……間宮に会いたい」

北上「店長に? でも、貴方だれ?」

提督「プロ提督……」

北上「プロ提督!?」

大井「バットマンと撃ち合いでもしそうな名前ですね」フフッ

北上「ふふふっ」クスクス

北上「どっちにしろ、変なお客さんも来たもんだね」

北上「ちょっと待ってて」ガチャ

提督「……」

大井「貴方、どこから来たんですか?」

大井「所属鎮守府は?」

提督「……」

大井「耳が遠いんですか!?」ムッ

大井「ちょっと! 返事ぐらいしたらどうです!?」

北上「大井っち!」バッ

北上「や、やばいって!」グイッ

大井「もう、なんですか、北上さんったら……」

北上「へ、へへへ……どうぞ、奥へ。店長が待っています」

バタン

大井「いったい、何者なんですか、あの男は!」

北上「知らない。でも、名前を聞いただけで、店長は青くなって……」

北上「死にたくなかったら、くれぐれも丁重にご案内しろ! って」

大井「ええ……?」

間宮「つい今しがた、大和さんから『すごい男が行くからよろしく頼む』と電話がありました」

間宮「お会いできて光栄です……」サッ

提督「……」

間宮「あっ、握手を好まないとのお話でしたね。うっかりしていました……」

提督「俺が急いでいると大和は言わなかったのか?」

間宮「そ、それではすぐに……」

間宮「あっ……」チラッ

間宮「すみません、金剛さん。お話は後で……」

金剛「……」チラッ

提督「……」

PART8 時間は消却された

ツ級「よし、時間だ。おれは十分に待った」

ツ級「天龍! 出かけよう!」

ツ級「………………おれの声が小さかったようだな」チャキッ

ズキューン!

暁「ああっ!」

響「姉さん!」

ツ級「もっと分かりやすい声を出してやろうか?」

雷「なんてことを……!」

天龍「ま、待ってくれ! 言うとおりにする!」

天龍「だから、そいつらには手を出さないでくれ!」

天龍「鎮守府に伝えてくれ。これからキューバに行く、と」

電「は、はいなのです……」

ザァァァ

鎮守府 通信室

大淀「駄目です、もう阻止することはできません!」

大淀「長門さんはなんとおっしゃっているのですか!?」

明石「それが、釘付けにしろとだけ……」

大淀「くっ……」

明石「……仕方ない」

明石「機雷を浮上させます!」

PART9 特別製(スペシャル)

鎮守府 工房

間宮「それでは、後のことはお願いしますね」

夕張「はい。こちらへどうぞ」

提督「…………」

夕張「話のあらましは聞きましたよ」

夕張「それなんかいかがでしょう?」

提督「12.7cm単装砲か……」

夕張「どうぞ……」スッ

提督「ん?」

夕張「どうぞ!」

ジャキーンッ チャッ

ズキューン タンッ

夕張「ワンダフル!」

夕張「いやあ、これで貴方が本物のプロ提督だということを私も信用しますよ」

提督「試したのか?」

夕張「いえいえ! というより、身分証明書を見せていただきたかったのですよ」

夕張「とにかく……お目にかかるのは初めてですからね」

提督「他のを見せてもらおう……」

夕張「え!? 12.7cm単装砲がお気に召さないというんですか!?」

夕張「ドイツ製の世界的名砲ですよ?」

夕張「95センチの白松板を射抜こうってものです」

夕張「いったいこの砲の、何が気に入らないというんです!?」

提督「せめて……」

提督「口径が46センチはほしい」

提督「砲も弾も、それなりのものがほしいのだ……」

夕張「い、いったい……」ゴクリ

夕張「いったい、標的(ターゲット)は何なのですか!?」

提督「42キロ先の……フットボールだ」

夕張「おおっ、クレージー!!」

夕張「ふ、普通、弾は進むごとに沈むんですよ」

夕張「それだけじゃない。風速、気温、湿度も着弾を狂わす!」

夕張「ク、クレイジーだ!」

夕張「ま、まさにクレイジーだ!」

夕張「まるで……ピンホールを狙うようなものだ!」

提督「だから……それだけの砲と弾がほしくて、俺はここへ来た」

夕張「ロ、ロケット弾だって、42キロ先のフットボールに命中させる精度は持っていない!」

提督「わめくな、夕張」

提督「お前の技術のほどを聞いたから、ここを選んだのだ」

提督「俺の注文に……イエスか、ノーか?」

夕張「……」

夕張「46cm三連装砲を土台にして……作るしかなさそうですね」

夕張「3日も待ってもらえれば、できると思います……」

提督「3時間!」

提督「3時間以内に作るんだ」

夕張「さ、3時間!?」

提督「砲に1万DMMマネー、弾に1万DMMマネーを払う」

夕張「で、ですが……」

提督「俺の聞いているのはイエスかノーかだ」

夕張「……」

夕張「わ、分かりました」

夕張「すぐに取りかかります……」

夕張「私の全てを、これにかけてみます!」

PART10 目前と1キロとの接点

ドォーン!

天龍「うわっ!!」

ツ級「な、なんだ!?」

ツ級「何が起こったんだ!? 説明しろ!」

天龍「どうやら、機雷に当たったらしい」

天龍「こ、これじゃ、航海はできそうにないな」

ツ級「何が機雷だ! そう都合よく機雷に当たってたまるか!」

天龍「しかし現実なんだからしょうがねえじゃねえか!」

バシッ!

ツ級「言ったはずだぞ! 下手な小細工をするといっしょに死んでやるとな!」

鎮守府 通信室

大淀「天龍さん……ごめんなさい」

明石「しかし、修理に3時間はかかります」

明石「これで時間が引き延ばせました」

大淀「ですが……これが限界でしょうね」

明石「ええ……」

PART11 夕張ありがとう

金剛「ああ~……あ……」

金剛「う、う……ん……ああ!」

ビー! パチ

金剛「??」