タヌキが一目で頭を振って

小海未に住んでお城で、狐と狸にいろいろな涙本領。ゆっくりと、彼女はマスターして乗って馬にしっかり的中飛ぶイヌワシをマスターしたのは剣と飢えた狼の群れの格闘、果ては学会は、動物の言葉。

二年後、十八歳の園田海い落成のハンサムな娘。

「そろそろあなたの対象にする。」狸と言って、海に渡した未1大本書、上満は各地の優秀な若者の絵。

海を見なかったのはとても長くて、最後まで翻訳ページの時、彼女は見た一枚の写真に、上の絵は王女。海の顔して未ブラシの子と赤くなって、それからタヌキが「私は彼女をめとりたい!」

タヌキが一目で頭を振って、絵をはがし、出しました:“子供が窓、この王女は私の不注意で入れて、もしあなたは彼女をめとりたい、あなたも前のあれらの困難と危険をずたずたに裂いてしまった。」

「私、一生私非彼女をめとりません!」

タヌキは仕方ないとして、探して狐に相談しない。狐はしばらく考え込んで、「うん……彼女に行きましょう、私が思うに、この件はは芝居の。」

狐と狸が交代で載せて海未、一歩ごとにジャンプがスキップ40丈、跋渉後、彼女たちが来たもう一人の城。

「私のあなたにあげる手铃も持っていますか?」狐。

彼女なんて ふざけんなって、やめろ~!本当に気持ちを渡って!