イベントに行く

イベントでは目のしたのクマがあるとメイクがしっかりできません。写真写りも悪くなってしまいます。
寝る前にカフェなどの飲み物は飲まなくホットミルクを飲みましょう。クラシック音楽を聞き、心を安定させるのが一番いいです。寝る30分前にはテレビやパソコンを切ります。
朝寝坊はダメ、しっかりと朝ご飯を食べてイベントに行きます。イベント会場に着いたら走らないように更衣室へ行きます。
イベントで色々なものを買いたい時は帰りの荷物の量を考えてみます。
イベントが終わったら、帰りの更衣室は混雑しています。自分の着替える時は衣装をあまり広げず、ほかの人が使えるようにします。着替えが終わりましたら帰ります。
帰った後は衣装に皺がついたと発見しますが、陰干しをしてからアイロンをかければ元通りになります。雨の日にそのままにしてコスプレ衣装もウィッグもカビが生えたことがあります。

文豪ストレイドッグス

『文豪ストレイドッグス』は特にジャンル分けしなくてもいいと思います。
ジャンルとしては推理か、コメディか、アクションか、バトルかはっきり言えません。何の要素にも触れていますから、ジャンル分けは何か分かりません。ならばまだそういう気持ちになる人もいるだろうなとは思います。文豪ストレイドッグスコスプレ衣装
「異能力」とか「武装探偵」とか「文豪」とか、そういうものを取り扱っている作品は、人によっては心の琴線にビンビン触れまくるものでしょうから。
主人公の成長を感じることができます。「キャラの気持ちになってみることができる。」感動するかしないかはその人次第です。感受性や思い入れの違いです。
何というか、心が素直でよろしいじゃないですか。そこまで思い入れを持って視聴してくれるなら制作者冥利に尽きるというものではないじゃないですか。

カバネリというもの

「カバネではない、人でもない。カバネリという者です。」
そう言いながら、武士達に背中を向けました。その背中は光っていました。
「カバネリ……」武士達が慌てた様子で言いました。
「カバネは人の敵だ。人ではないなら殺す。」武士達は皆で銃を構えりました。
何かを話しても武士達は動揺しません。甲鉄城のカバネリコスプレ衣装
「やめなさい。」菖蒲様が言いました。
「2人がなければ、私たちは皆死んでいました。」
「ですが、カバネと同行できません。」
「カバネではありません。カバネリです。体はカバネで心は人間なのです。」
突然仲間が倒れました。顔などにカバネの刻印が現れます。
「菖蒲様、刀がありますか。」
「どうしてですか。」
「さっき力を使いすぎて何かしないと仲間がカバネになります。だから、血を与えるしかありません。」
菖蒲がナイフを出し、それを使って手首を切りました。
菖蒲様が仲間に血を与えました。そして、刻印が消えました。
私たちは安全になりますか。