薫は、自分の体が爆発したかのように錯覚した

薫は、自分の体が爆発したかのように錯覚した。
いずれにせよ、魂の純度が、他の密度が異なる硬さの異なる強度が異なっている。
ヨウンリョンヌンすぎる膨大な魂が薫の精神を削る満たそう。肉体を蹂躙して犯し尽くす。
現実にそうならは薫の「某野菜社交的に徹底した肉に某聖剣の鞘と同等の無限回復能力」と「危険な状況に陥る陥るほど落ち着いている鉄鋼精神」が肉体の崩壊を防止し、精神圧潰を無理に防いでいるに過ぎない。それも間もなく限界が来る。
みんなのためのとっておきのラブライブ コスプレ通販はここにある!
ラブライブ コスプレ通販
そして、現在のカードとの同調は全くされていない。
なぜなら薫の体は、イリヤ•フォン•アインツベルンやみうエースのような機能を持っていないから。赤い弓兵の腕を移植した青年との殺人の心臓を受け継いだホムンクルスのように、肉の接続を持たないから。
サモンの行事で、薫の体は小さな類似機構に可変したが、それはあくまで形が似ているだけでソウルを許容可能なボウルを得たわけではない。
したがって、薫ソウルの魂を身に納められない。
カヲルは召喚を続ける。

薫の口から声にならない悲鳴が漏れ。薫の前身は恐ろしい激痛が奔った。薫自身の魂の蓄積が白血球のように憑依に抵抗している。
感じているのは、皮膚の裏側に全面焼き鏝を強制的に、また高圧の電流を流しているような巨大な痛み。
精神を直接ズタズタベア引き裂かれたような錯覚さえ感じている。
しかしながら狂えない。 「危険な状況に陥る陥るほど落ち着いている鋼の精神」がかおる精神を維持する。カヲルは痛みを無視して、それでも召喚を続ける。
Comment
name:

comment:

Trackback
この記事のトラックバックURL
http://i.anisen.tv/trackback.php/sytcos/11623