逃げて

宗三君!」大和守安定一喝し、宗三左文字に刀を大和に守安定運転馬駆けて行く。大和守安定かつ戦で退、宗三左文字剛乗馬を彼の身の回りで、彼が手を出して、相手が彼を引っ張ってすぐ。

逃げてはいけない!」次郎太刀騎のこの馬宗三文字より左彼らの知らない仲に多少倍、短い道のりが、今にも追いつきそう、後ろからハルダンの声:「矢を放つ!」

すぐには逃げて、彼らの機会を追撃することを失って、下で引き続き追跡して追跡します。

「次郎!」ヘルタは次郎の太刀に帰って来て、道を叫んだ。

「あなたはこの頭、戦争をしていると思って、少しの策略も運用しないと思いません。」さすがに兵の顔をしているのだから、次郎の太刀も、聞き苦しいの悪い言葉だが、顔色がよくない「このタイミング把握のあまり熟しない、そうでないと彼らは逃げて行くのか?!」

まるでない宗三文字まで追いかけて左彼らはハルダンの過ち。ハルダンは野人の一つ、謀略何の話にならない全くわからないけど、次郎太刀、差のそれが遠くなった。説教、彼も希希:「次郎、現下、私たちはどうすればいいの?」
Comment
name:

comment:

Trackback
この記事のトラックバックURL
http://i.anisen.tv/trackback.php/sytcos/17686