寒い冬の夜

食後の片付けが多くてではふだんより速く、見て背中にようやく来客松を思い出すだけ家に寝具セットでさえ、気前のお客様に使用できるかどうかを考えなければならない自分を支えてこんなに寒い冬の夜に陥った松——ジレンマから自分はなぜ彼は後悔を殘るが、いまさら彼をプッシュ風雪の中心にも多くの譴責ない、彼に振られ甩头後、部屋に入って布団を敷いて。

一夜遅くまで、歯を食いしばって我慢することができなかった。松自忖1。

互いにおやすみなさい後退室時の松はお客様にいきなりの裾を引いて、考えるだけで自分は直面して雪の夜は不満の松心生は心穏やかに聞いて相手が何を必要として、ただなどのまつ。

「1松永さんは布団をセットしてますか?。

何も言わなずに、まずはこの服を着て、その後のことはそのあとで続きます!
Comment
name:

comment:

Trackback
この記事のトラックバックURL
http://i.anisen.tv/trackback.php/sytcos/18304