君は誰よりも大切な宝物だよ!

だから、あなたは私の名義で殺人するつもりです、更に罪名冠は私の頭の上の事私も知っています。でも人は天には及ばない。松永としたささやき。「あの人は誰?殺してされたその人。」
「誰も重要じゃないかな。」を押してそっと扱うお松虜に彼の腕にはそう言って、目を閉じて。
言葉は罪にしかない。松はこれからはっきりとしているけど。
多くもし一目も戦々恐々と傷跡を感じたら、もう振り向かないで世話をする。
『お前は年取って爛の朽木と同様、お前よりも若い。彼にまたがって』で初の中年の人に震える声を送り込む白刃後者の胸腔、弱い者の空威張りの言葉が抱き恐れ興奮が震える。
この服はゆらゆらして、人も車も生き物もなくなった、これはこの私が作った物、これは私の末日!
Comment
name:

comment:

Trackback
この記事のトラックバックURL
http://i.anisen.tv/trackback.php/sytcos/18432