菅田先輩の優しい笑顔で聞いて

影山「影山飛雄、何かありますか?菅田先輩の優しい笑顔で聞いて。

「あ、あっ、何もないことはないけど。悪事をしていても、菅原先輩の顔を直視することはできないという影山が心細ている。

「ああ!影山!菅原突然叫び」前彼を自分に向かって引く。

一粒のバレーボールは影山の背後にある。

「わあ、ああああ—!申し訳ありません!!うっかり球を曲って、先輩に面倒をかけてくれない。という日向が急速にグラウンドから走ってきて謝罪。

大丈夫、大丈夫、人にはできない。ヒナタは日向をなぐさめるし、それから先輩の習慣として指導を始め、「日向君はもっと重心を低くしてみて、その力をコントロールする方向だということができる」という…」
Comment
name:

comment:

Trackback
この記事のトラックバックURL
http://i.anisen.tv/trackback.php/sytcos/18945