退社

「退社か?」「はい、申し訳ありません。」
「いや、構わない、1人の穴はすぐに埋まる。」
社長室を出て、荷物をまとめて外に出った私はイライラを抑えて笑っていました。
「自由だぁ!」なぜか押し寄せる開放感が覚えました。
私はスマホを取り出しました。「退社できました。今から伺いますか。」
「ああ、そうしてくれると嬉しい。よろしく頼むよ。」
「はい、ではお昼頃に伺います。」私は行き先を告げて、ホッと一息をしました。
私は小鳥遊社長にマネージャー誘われました。
小鳥遊事務所に着きました。小鳥遊さんは私をみんなに紹介しました。
「いらっしゃいましたよ。ちょうどよかったね、みんなには言ってなかったけど、彼女は君たちのマネージャーになる。」
「マネージャー?」「こんな素晴らしい力を持った子が埋もれてたんだからね。」
「とりあえず、みなさんの名前を伺ってもいいですか?」
「自己紹介まだだったな…俺がリーダーの二階堂大和、で、こっちが和泉一織で、和泉三月、四葉環と、逢坂壮五と六弥ナギと七瀬陸。」二階堂さんは全員の紹介をしてくれました。アイドリッシュセブン コスプレ衣装
ここでの生活はなんだか楽しみです。
Comment
name:

comment:

Trackback
この記事のトラックバックURL
http://i.anisen.tv/trackback.php/sytcos/26589