現実って。

日銀から市場にながれるお金はマイナス金利になっちまった。われら若い時からずっと経済膨張、インフレで進むのが当たり前という時代を過ごしてきましたので仰天です。九州神龍

25年前ぐらいの話し、マル優等という言葉は若い人ご存知ないかも。300万円貯金の金利には税金かかりません、それとは別口で国債の金利にも税金かかりません、さらに郵便局に貯金するのも300万円の利息には税金かかりませんでした。そのほかに財形貯蓄、これは500万円に税金かかりません、合計1400万円の貯蓄には税金かかりませんでした。その上では保険会社には10年満期の保険があり、これは保険でしたから税金はそうはかからなかった。

合計例えば2000万円あったとしましょう、利率は5~6%ぐらいはあったでしょうか。今とは夢かと思うような有様でした。

私こんな利息の仕組みはなんだか夢幻の如く思えて、自分が働いて得たお金だけが現実だ、利息って夢幻だ、自分の甲斐性で働いたお金ではない、こういうお金は夢幻なんだから早くに現実化しないと消えるよね、自分の実態って働いて得たお金が全て、それ以上だと勘違いしてしまうと思っていました。それでそのお金どうしたかって?現実化するために趣味の為に使ってしまいました。有象無象のものですが私のまわりにあるものって、夢幻が現実となったものであります。

自分を過大に思ってはいけないと思っていました。一生懸命ためますにはなってませんでした。

それなりに無駄使いをしたと思うけど、実際に働いて来た現実は元本として持ってなきゃと思ってましたよ。

自分の判断がよかったか悪かったかわかりませんが、時代にそのまんま乗ってきただけでありますな。ほとんどの人がそうではないかな。多分に面白い時代を経験してきました。若い人に参考になることは何一つありません。自分で考えなさいです。良くも悪くも自分に返ってくるから考えて進みなさいねですが、考えろっていったってわからないよね。
巨根カプセル
運がよかったか悪かったかはただ時代に乗ってきただけで、年上の言うことなんかは参考にはなりませんて。

年取ったときのためにと個人年金を掛けてきました。20年かかって多分元本800万円ぐらい、これ年に100万円おりてきます。10年保証はいいですが、それだけでも1000万円保険会社が払ってくてるのですが、それ以上は死ぬまで保証になってるの。どうやったらこんな計算なりたつの?100まで生きたらどうすんの?
威哥王
Calendar
«  September 2016  »
S
M
T
W
T
F
S

 
 
 
 
1
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
 

search this blog.
category
archives
links
others