『TES V: Skyrim Special Edition』と互換性があるのか」と質問したところ

また、海外メディアPC Gamerは『TES V: Skyrim Special Edition』は「『Fallout 4』と同様、64bitエンジンで動作している」と見ている模様。これについては大型Mod「Skywind」を制作陣のひとりも強い興味を示しており、『スカイリム』で『Morrowind』を丸ごとリメイクするという大規模プロジェクトを進行するに当って「素晴らしいニュース」と語りながら、より素晴らしいModに仕上げるための更なる開発力と安定性に繋がるとコメントしています。
マビノギ英雄伝 RMT

冒険を便利に進められる有料メンバーシップ「ESO Plus」も用意

日本語版『エルダー・スクロールズ・オンライン』は、基本的に月額料金は不要でプレイ可能ですが、「クラウン」と呼ばれるゲーム内通貨でキャラの衣装を購入できたり、「ESO Plus」と呼ばれる有料のプレミアムメンバーシップも用意されています。「ESO Plus」概要は以下の通りです。
幻想神域 RMT

はじめに土田さんの自己紹介と、御社の事業の簡単な説明からお願いいたします。

ウェブマネーでオンラインゲーム運営会社の皆様との共同プロモーションのプロデュースなどを行っている土田耕平と申します。本日は宜しくお願いいたします。弊社は約18年にわたりネット専用のプリペイド式電子マネー「WebMoney」を取り扱っております。
リネージュ2 RMT

EA幹部、2017会計年度リリースの新規IP発表を告知

2016会計年度第4四半期にて『Titanfall 2』と『Star Wars: Battlefront』続編の発売時期を明らかにしたElectronic Arts。併せて実施されたカンファレンスコールにて同社CFOのBlake Jorgensen氏が、2017会計年度に発売を予定している新規IPを近日中に発表すると告知しました。
ツリーオブセイヴァー RMT

矢印と残り距離の表示ですぐに分かるようになっている。

徒歩でいきなり銀行に向かってもいいのだが,その前にまずは足となる車を手に入れたいところ。道端に止めてある緑色の車には自由に乗り込めるので,見つけたらさっそく飛び乗ろう。タイトルどおり,街の中はまさしく無政府状態で,いくらも進まないうちにワラワラとギャング共が群がってくるが,車に乗っていればそんな奴らをどしどし跳ね飛ばしてしまえる。もちろん,運転中でも銃を撃てるので,敵を蹴散らしながら銀行を目指そう。
MU RMT

『PAC-MAN 256』は国内でPS4/PCを対象に6月22日配信予定で、価格は800円(税抜)で

また、PS4/PC版『PAC-MAN 256』では、新たにモバイル版になかったローカル4人協力プレイも実装。多人数でワイワイと楽しめます。なお、海外では、PS4/Steam以外にXbox One版のリリースも予定されています。
ルーセントハート RMT

隠れている最中には「パニックモード」が発生することも。右にある心臓のカーソルを,左のマーカーに合わせ

上述のとおり,主人公達は戦うすべを持たないので,シザーウォーカーに出くわしたら,とにかく隠れられそうな場所を見つけるしかない。もし捕まっても,体力が十分に残っていればクリック連打で振りほどけるが,そうでなければ死あるのみ。また,一度はうまくやり過ごせたポイントでも,もう一度そこに隠れると今度は見つかってしまったりするので油断できない。プレイ中は神出鬼没のシザーウォーカーに何度も襲われることになるので,うまく隠れられるポイントを見つけるまで,これまた何度もゲームオーバー画面を拝むことになるだろう。
レッドストーン RMT

グラフィックスはアニメ寄りの雰囲気だが,人物から背景,小物に至るまで,丁寧に描写されており

本作の舞台はアメリカのオレゴン州にあるという設定の田舎町,アルカディア・ベイ。ブラックウェル高校に通う主人公の少女,マックスは,自分でも気づかないうちに時間を巻き戻す能力を手に入れる。プレイヤーはその力によって,彼女が直面するさまざまな選択をやり直し,最良と思えるものを選んで物語を進めていくのだ。

 ゲームの詳細は「こちら」のプレイレポートで確認してほしいが,今回のムービーで注目してもらいたいのは,独特のグラフィックスや,心に響く演出だ。
アラド RMT

ほかの家臣もまたライバル。幸村に負けてなるものか

また「商い」「砲術」「南蛮渡来」「馬術」など,さまざまな「概念」を「奨励」することもできる。概念の奨励には相当の金銭や木材,鉄が必要だが,例えば馬術や砲術を広めれば合戦の時に「騎馬」や「鉄砲」を編制できるようになるなど,メリットも大きいので,金銭をうまくやりくりし,積極的に新たな概念を取りいれていきたい。
FF14 RMT

以下 G900)が,2016年4月14日,いよいよ発売の日を迎えた。

軽く2万円オーバーという,とてもインパクトのある価格の新製品について,Logitech G/Logicool Gは「プロゲーマーが本当に競技で使える」「ワイヤードマウスよりも反応がよい」と強気のアピールを行い,後者に関しては実際に競合製品との比較デモすら披露しているわけだが(関連記事),やはり実際にテストしてみないことには,読者に勧められるかどうかは判断できない。
 発表の直前からみっちり使い,従来製品や他社製品との比較も行ったので,今回はその結果をまとめてみよう。

はっきりとした仕様が固まっていないのですが、おそらく10体以上は預けられるのではないかと考えています

過去に行った夏のラビニ割り、ハロウィン、クリスマスといったシーズン系のイベントが好評だったので、シーズン系のオブジェクトを予定しています。柵や木、空や地面などを変更できます。オブジェクトに関しても作業が難航しているので、2次か3次アップデートあたりになりそうです。初回のアップデートは夏くらいですかね。

PSO2

2ヶ月に1本できれば良い方かな オンラインマルチは同じゲームを1年通してやったりする

筆者自身も歳を重ねるごとに、プレイ本数の低下をひしひしと感じています。気になるゲームはあるのに、時間的・体力的に全てをチェックできないのは悲しいですね……。そんなことはさておいて、これからも多くのゲームが続々と登場します。その中から気になる作品を見つけ出し、限りある時間でしっかりと楽しむ、この行為こそが既にゲームと言えるかもしれません。それでは最後に、読者の皆様から寄せられたコメントを一部ご紹介。
ロードス島戦記 RMT