バラと時間

ちょっと有名な庭園に、バラの花を見に行った。 午後5時半を過ぎると、辺りは驚くほど真っ暗で、冷たい風が首筋をかすめ、様々な種類のバラは白熱灯に照らされて静か亞健康に揺れていた。

僕はバラの花が取りたてて好きなわけではない。

僕が生まれる前に、遠くの国で交配されて生まれた多くのバラが、その品種名と生産者の名が書かれたプレートと共に、行儀良く並んでいた。
花弁に鼻を近づけ、匂いを嗅ぐ老齢の女性グループがいた。 ”beautiful”を連発する外国人夫婦がいた。
僕は、修学旅行でお寺を訪れたときのような気持ちになって、バラの間をそぞろ歩いた。 一巡りして階段を上ったとこ亞健康ろから後ろを振り返ると、夕闇の中、たくさんのバラがライトに照らされて少し霞んでいるのが見えた。

しばしば多くのものは、遠くから見たほうが、近くで観察したときよりも綺麗に見えたりする。
そして、と僕は思う。 この光景を5年たってふと思い出したら、いま実際僕が見ている光景よりも、綺麗に僕の海怡半島數學補習班脳裏に浮かび上がるのだろう。 他の多くの思い出と同じように。
Calendar
«  April 2016  »
S
M
T
W
T
F
S

 
 
 
 
 
1
2
3
4
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30

search this blog.
recent comment
category
archives
links
others