学校に調査請求、刑事告訴できるのはどんな時? 弁護士が教える「いじめ対処法」

学校でのいじめ被害が、後をたちません。文部科学省によれば、平成26年度の小・中・高等学校などにおけるいじめの認知件数は約18万件。小学校高学年の時点で、ほぼ半数がいじめの被害を経験しているといいます。

学校のいじめ問題に詳しい高島惇弁護士によれば、「今のいじめは、言葉が圧倒的に多い」と言い、暴力などの深刻なケースは少ないそうです。とは言え、言葉による被害も、子どもに与える被害は深刻です。

もしも、我が子が被害にあったら、どのような解決方法があるのでしょうか。親や子どもたちからの相談を数多く受けてきた高島弁護士に詳しく聞きました。(ライター・吉田彩乃)

● 圧倒的に多いのは悪口、誹謗中傷

ーー最近は、どのようないじめが多いのでしょうか。

圧倒的に多いのは、本人を前にした悪口や、LINEでの誹謗中傷など、言葉によるいじめです。「死ね」「クズ」「ゴキブリ」「キモい」といったものから、曲美 よく思いつくなと驚くようなものまで、百花繚乱です。

殴る蹴るの暴力や、物を隠されているなど深刻なケースは、比率としては少ないです。

ーー弁護士にいじめ被害の相談をした場合、解決まではどのような流れになるのでしょうか。
催淫カプセル
いじめ被害について相談を受けても、必ずしも弁護士が介入するわけではありません。

いじめがそこまで悪質ではなく、子どもが登校できている場合には、弁護士が介入することで、かえっていじめが悪化したり、子どもが学校内で孤立したりする可能性があります。精力剤通販店
法的措置を急がず、しばらく様子を見た方が無難な場合もあります。

吉田沙保里 引退の可能性示唆「引退も頭の中には出てきた」

リオデジャネイロ五輪レスリング女子53キロ級で銀メダルだった吉田沙保里(33=フリー)が22日、リオデジャネイロの空港で報道陣に対応し、引退の可能性を示唆した。
催淫カプセル
 去就について「今はすぐやる気にはならない。引退も頭の中には出てきた。今まで引退というのは全然なかったんですけど」と引退の可能性を口にした吉田。レスリング日本代表の栄和人チームリーダー(TL)が言及していたコーチ就任案については「それもあると思う。後輩たちを教えながら、ゆっくりと相談しながら考えていきたい」と話した。
曲美
 試合翌日の一夜明け会見では「思い出すと悔しさがこみ上げてくるが、時間がたてば大丈夫。また次に向けて頑張ろうと思った」とし、4年後の20年東京五輪についても「できれば目指していきたい」と話していた。

<マッカーサーの元通訳官>戦後平和、原点直視を

戦後日本の原形が作られた占領期、連合国軍総司令部(GHQ)の最高司令官、ダグラス・マッカーサー(1880~1964年)の傍らで通訳を務めた日系2世の男性が、今も東京都内で暮らしている。GHQの元通訳官、ジョージ・キザキさん(84)だ。15日、71回目の終戦記念日を迎えた。憲法改正が議論される現代の日本は、キザキさんの目にどう映っているのだろうか。

 「まるで無表情。少しでも視線を外せば、強い調子で『お前は誰に向かって話しているんだ』と言われました」。キザキさんは、マッカーサーと初めて会った時のことを鮮明に思い出す。日本へ赴任した直後、50年前後のことだ。

 アメリカ生まれ。「8月15日」を日系人収容所で迎え、戦後、米軍の軍属となった。GHQには当時、他にも多くの日系人が勤務していたという。
蔵八宝
 間近で接したマッカーサーは、執務に全精力を傾けているように見えた。食事といえば、スクランブルエッグにスモークハムといった簡単なものばかり。「軍人が日曜日に休んでいては、誰が国を守るんだ」が口癖で、激高すると手にしたつえをたたき折ってしまうこともあった。「軍人の神様」。キザキさんの目にはそう映った。

 GHQでの任務は日によって違った。マッカーサーの通訳を担当することもあれば、引き揚げ船の監視を命じられることもあった。要人との会談を通訳した時は「いま会った人物の顔は忘れろ。内容も記憶するな」と厳命された。冷戦が始まり、共産主義の脅威が語られていたころだ。

 占領統治を見届け55年ごろ、米軍を離れた。以後は日本を拠点に貿易の仕事に従事した。GHQにいたことを語り始めたのは、最近になってからだ。
五便宝
 戦後71年。日本は岐路にある。参院選で改憲勢力が3分の2を占め、憲法改正が現実味を帯び始めた。改憲派は「憲法はGHQに押しつけられたもの」との主張を強めるが、キザキさんは「マッカーサーがいなければ戦後の日本はだいぶ違った形になった。功績を再評価すべきだ」と訴える。

 マッカーサーは離日後、「日本は12歳の少年のようだ」と語った。日本社会の未熟さをたとえた言葉だった。日本はどれだけ大人になっただろうか。キザキさんは「40歳くらいにはなったのではないでしょうか」と答えた。「東京は焼け跡だらけでした。それがこんなに豊かになり、平和にやってこられたんですから」

 「国のかたち」が大きく変わるかもしれない日本を、三便宝歴史の証言者は見守る。その手には、マッカーサーが使っていたというつえが握られていた。

情熱+愛情=名実況 朝日放送 夏の甲子園60回目

もうすぐ「夏の甲子園」が始まる。甲子園中継といえばNHKがおなじみだが、大阪の朝日放送(ABC)も全試合を中継している。NHKにはない熱い実況は関西では人気。感動を直感的に伝えるアナウンサーの名言の数々は時代を超えた語り草となっている。ABCの甲子園中継は今年で60年目。2001年からはBS朝日でも放送されており、今年も熱い実況で激闘を伝える。
target="_blank">巨人倍増

 一九五七年に始まったABCのテレビ中継は、絶叫調だけでなく、時にホロリとさせる。そのスタイルは局の伝統で、アナウンサー陣に脈々と引き継がれている。実況歴三十年の中邨(なかむら)雄二さん(54)は「情熱と愛情を込める姿勢は変わらない。視聴者の皆さんを甲子園にお連れするという思い」と話す。

 毎夏、甲子園大会が始まると、アナウンサー陣は球場近くの旅館に合宿する。「先輩アナが夜な夜な、有力校の球史や名勝負の列伝を語る。野球談議が進むと、無知な若手に先輩が『実況なんて百年早いわ!』と怒っていた」と中邨さん。熱い実況の精神はここでたたき込まれてきた。

 ある年の合宿。あまたの名言を残した植草貞夫さん(83)に「安易に『奇跡』なんて使うな」と言われた。奇跡と呼べるシーンはそれほどまれで、紋切り型で使う言葉でないという教えだが、植草さんは一九七九年の三回戦、延長十八回の激闘となった星陵-箕島戦でその言葉を使っていた。

target="_blank">蟻力神

 「甲子園球場に奇跡は生きています!」。誰もが「奇跡」としか思えないほどの劇的な展開で、思わず飛び出した植草さんの絶叫。今もファンに語り継がれる名実況だった。

 九六年決勝の松山商-熊本工を担当した中邨さんは延長十回裏、熊本工のサヨナラ勝ちを阻んだ松山商の右翼手の本塁への好返球を伝える時「奇跡」と言わなかった。「試合はまだ続く。どちらが勝つか分からない状況では使えない」と瞬時に判断。言葉の重みを考え「心は熱くなっても冷静に」と心掛けている。
花痴

ブルドッグが危機、遺伝的に似すぎ

139匹の遺伝子を解析、旧来のブリーディングに警鐘

 力強さや頑強さを象徴するイヌだったブルドッグ。だが、100年以上にわたる選択的交配が、このイヌをひ弱にしてしまった。

威哥王販売
 実は今、ブルドッグたちは呼吸や骨格、皮膚の障害をかかえている。しかも、多くの個体が自然に交尾したり出産したりできない。幼いうちに呼吸障害を起こすと、5歳以上まで生きられない可能性が高い。

 7月末、ブルドッグの遺伝子を初めて完全に解析した研究の結果が、オンラインジャーナル「Canine Genetics and Epidemiology(イヌの遺伝と疫学)」に発表された。この研究により、ブルドッグの遺伝的多様性がきわめて低いことが明らかになった。五便宝

 遺伝子が欠けているとなれば、ブリーダーの人々が願うように、自然に元の健康的な形質を取り戻すというのはかなりの難題だと、研究チームのリーダーである米カリフォルニア大学デービス校の獣医学研究者ニールス・ペダーセン氏は語る。

 米アメリカンケネルクラブによると、ブルドッグ、いわゆるイングリッシュ・ブルドッグは現在、米国では4番目に人気の高い犬種だという。
139匹がほぼ同じゲノム

 研究者らは、合計139匹のブルドッグのDNAを採取、解析した。北米、ヨーロッパ、アルゼンチンで暮らす健康な個体のグループと、大学の動物病院に入院中のさまざまな疾患をもつグループだ。

 結果は衝撃的だった。健康で地域もばらばらな個体群なら、それぞれのゲノム構造は大きな違いがあるものと考えられていたが、ブルドッグの場合、どの個体もゲノムの大半の領域が同じだった。威哥王
Calendar
«  August 2016  »
S
M
T
W
T
F
S

 
1
2
3
5
6
7
8
10
11
12
13
14
16
17
18
19
20
21
22
24
25
26
27
28
29
31
 
 
 

search this blog.
category
archives
links
others