学校に調査請求、刑事告訴できるのはどんな時? 弁護士が教える「いじめ対処法」

学校でのいじめ被害が、後をたちません。文部科学省によれば、平成26年度の小・中・高等学校などにおけるいじめの認知件数は約18万件。小学校高学年の時点で、ほぼ半数がいじめの被害を経験しているといいます。

学校のいじめ問題に詳しい高島惇弁護士によれば、「今のいじめは、言葉が圧倒的に多い」と言い、暴力などの深刻なケースは少ないそうです。とは言え、言葉による被害も、子どもに与える被害は深刻です。

もしも、我が子が被害にあったら、どのような解決方法があるのでしょうか。親や子どもたちからの相談を数多く受けてきた高島弁護士に詳しく聞きました。(ライター・吉田彩乃)

● 圧倒的に多いのは悪口、誹謗中傷

ーー最近は、どのようないじめが多いのでしょうか。

圧倒的に多いのは、本人を前にした悪口や、LINEでの誹謗中傷など、言葉によるいじめです。「死ね」「クズ」「ゴキブリ」「キモい」といったものから、曲美 よく思いつくなと驚くようなものまで、百花繚乱です。

殴る蹴るの暴力や、物を隠されているなど深刻なケースは、比率としては少ないです。

ーー弁護士にいじめ被害の相談をした場合、解決まではどのような流れになるのでしょうか。
催淫カプセル
いじめ被害について相談を受けても、必ずしも弁護士が介入するわけではありません。

いじめがそこまで悪質ではなく、子どもが登校できている場合には、弁護士が介入することで、かえっていじめが悪化したり、子どもが学校内で孤立したりする可能性があります。精力剤通販店
法的措置を急がず、しばらく様子を見た方が無難な場合もあります。
Calendar
«  August 2016  »
S
M
T
W
T
F
S

 
1
2
3
5
6
7
8
10
11
12
13
14
16
17
18
19
20
21
22
24
25
26
27
28
29
31
 
 
 

search this blog.
category
archives
links
others