便乗コメントの危険性

日記は不特定多数の人に閲覧できるようになっているし

その日記に対するコメントも色んな人が見られるようになっている。

しかし、その主張は誰か個人に向けてのものであることも多い。

特に、メールやLINEで繋がっているもの同士が日記で絡むとき

そこでのコメントに至るまでに

不特定多数の人が見ることのできないやり取りがその二人の間で交わされている。

その上での日記のコメント欄でのやり取りは時には乱暴に

時には意味不明に

時にはふざけすぎているように第三者には映ることがある。

しかしながら、それは表面上の姿であり

真のコミュニケーションはその水面下で行われていたりする。

それを知らず

そのやり取りが、自分にも通用すると勘違いして

それに便乗してコメントしてしまうと

なんの信頼関係も生まれていない相手の部屋に

土足でズカズカ入り込む行為になってしまう危険性があると思う。

また、その逆もある。

他の人に攻撃的な態度だからといって自分にもそうだとは限らない。

自分と相手との関係は他の人のコメントに左右されるべきではないし

もちろん、その日記主の日記のテイストに左右されるべきではない。

あくまで、自分とその人との関係において適正であればいいと、思う。

それは、日記の主旨を無視するということではない。

これは、相手との距離感の話だ。
三便宝
ビグレックス
VigRx

それは,別れ話を認めたくないから…

「突然」に別れ話を切り出されたとしても,別れを言い渡すほうには「必然」だったりするわけで……

それが分かっていない,あるいは,認めたくなかったわけ。

親しくなればなるほど,「素」が出てしまう……と言うより,「素」を見せるような距離になる。
その部分で,どうしても許せないものがあると,「親しいのに,すごく我慢しなければ付き合えない」と言う事態になる……可能性だって高い。

相手の寛容さに甘え過ぎて,それに気づかなかったんです。

じゃ,自分はパートナーを寛容に受け入れている?
ちょっと振り返ってみてください。

赤の他人だった人が「素」の部分を見せあって付き合うのです。
お互いに,それなりに寛容になったほうが,上手く行くと思います。

それでも,どうしても許せない,と言うのであれば,仕方がありません。

まぁ,ある程度以上,大人になれば,それなりに経験も積んでくるでしょうし,それなりに寛容さも身に付けているでしょうし。

その辺りが,「婚期」と呼ばれる時期になるのでしょう。

それが分からずに結婚してしまい,結婚してから,だんだん許せなくなって,すぐに離婚してしまう,と言う事態になるより,きっぱり別れて試行錯誤や挫折を経験するのも,将来の自分のためになるのであれば,許しましょうよ。

いずれにしても,「突然の別れ話」って,どちらか,あるいは双方が,かなり誤解していたり,思い込みが激しかったりするだけで,何年かたって振り返ってみると,「あの時,どうして,あんなことやっちゃったんだろう?」と思えるようになるかも知れません。

良いところも好きなところも嫌いなところも,すべて含めて,1人の「人」として,相手のことを理解し,受け入れられるようになれば,そんなに激しく別れる理由も無くなっちゃいますしね。
催淫カプセル
夜夜堅
女性媚薬:http://xn--19zl5rhf.akanpo.net/

ヒドイ男を避ける方法

なぜ,ヒドイ男と付き合ってしまったのか,考えてみてください。
そういう男を選んだのも自分。
自分が良いと思って選んだのにヒドイ男だった,と言うのは,男を選ぶ段階で失敗したのと同時に,自分がその男を「ヒドイ男」に仕立て上げてしまった,と言う失敗も,考えて欲しいところ。
黒倍王
そんな男だって,別の誰かにとっては,「いい男」になっているかも知れない。

「いい男」は,自分で作るんです。
最初から自分にあつらえたような「いい男」が見つかる可能性なんて,限りなくゼロに近い。

誰だって,ニッチな好みを持っているはず。
平均的で,ありきたりなのは無難だけど,そう言う価値基準って,結局「誰でもいい」とか「誰に替わっても一緒」と言うことになってしまう。
自分の中の,ニッチな好みを刺激する人を,自分にとっての「いい男」に仕立て上げることが出来れば,そのほうがいい。
紅蜘蛛
逆に言えば,「ヒドイ男」も,自分が作り出している可能性が,かなりある。
一度は好きになって,お気に入りの異性だったはず……なのに,だんだん酷くなったとしたら,その過程を思い返してみるべき。
気付かないうちに,自分が「ヒドイ女」になっていたかも知れません。

いつもいつも,ヒドイ男とばかり付き合って,不幸だ……などと思っている人に限って,付き合う相手を変えるたびに,「ヒドイ男」を量産している可能性もあるのです。

人を好きになり,愛したら,愛したなりの評価や感謝などのリターンを,気付かないうちに求めてしまうもの。「愛されたい」ばっかり先行する人って,リターンだけ要求している人なんです。
「愛してくれない。ひどい……」と愚痴をこぼす前に,自分はどうなんだろう?と振り返ってみる必要は,あると思います。
自分の中だけで「好き」と思っているだけでは,伝わらない。
お互いに伝えあってこそ,の関係ですから。