ホノルル総括

昨日は親父と息子の二人旅に関して総括しましたが、今日は私にとって新婚旅行以来24年ぶりのハワイM6生精片だったホノルルに関して、良かったところ、良くなかったところ、その他に分けて総括したいと思います。

●良かったところ
・どこに行っても笑顔で「アロハ~」は和む
・5日間ずっと晴れ(激しい雨が降ってた時は、ちょうどドンキホーテの中だった)
・空と海の青さが半端ない(今日の日本の快晴の空と比べたが、ハワイの方が濃い青さ)
・椰子やガジュマルの樹などの緑が生き生きしている
・各旅行会社が出している無料トローリーやバスが便利
・気温は高いが適度な湿度で蒸し暑さは感じない
・横断歩道を渡ろうとするとクルマは必ず停まってくれる(日本のマナーが悪いと思う)
・ABCストアの凄い密度(日本のコンビニより多い)
・通り沿いのマガジンボックスにオプショナルツアーの冊子がたくさんあり日本語も豊富。999神油 女性用
中華牛鞭
・朝食はバイキングではなく本格的(事前に知らなかったがチェックイン時に14ドル分のクーポンを滞在日数分貰った)
・ハンバーガーやロコモコでアメリカンサイズを体感(あの大きさを毎日食べたいとは思わないが)
・日本語が通じるところが多い(オプショナルツアーの申し込み等は母国語の方が安心で確実)
・安全
・(行かなかったが)ラーメン屋が多い
・ビールが安い
・スキューバダイビングで、ウミガメとマンタを観れた
・パールハーバーに行けた
・人生初の実弾射撃ができた
・巨大で二重の虹が観られた
・帰りの機内で隣に座ったフィリピン人老夫婦と息子が結構な時間話していた。英語の実践に大いになったと思う。

●良くなかったところ
・円安も影響して物価が非常に高く感じる
・警察に補導されるレベルの年老いた酔っ払いが昼間でも数人いる
・チップ制度は分かりづらい(慣れていない此方の問題もあるが、チップ狙いの対応している人が多いように思える)
・南国特有のノンビリムードで、ホテルのチェックアウトなども対応がノンビリ(早め早めの行動が必須)
・レストランのメニューの料金が分かりづらい
・ロブスター系の美味しいシーフードにありつけなかった
・膝の腱を痛めたので大事をとってファンダイブは控えた(体験ダイビングのお付き合いでもファンダイブみたいで楽しかったが)
・日差しは強い(紫外線も強そう)

●その他
・宿泊したアストン ワイキキ ビーチ ホテルは韓国人だらけで一生分の韓国人を見た感じ
・夜景鑑賞で利用したVIPツアーは韓国人客メイン的な印象

これらを踏まえて、もし次に訪れるチャンスがあったらしたいことは、以下の通りです。
・ホノルルマラソン5時間以内
・セグウェイ乗車威哥王
・スカイダイビング
・セスナツアー
・ホエールウォッチング
・美味しいロブスターを堪能する