ジカ熱、サルでワクチン有効 米チーム確認

ブラジルなど中南米で流行しているジカ熱の感染を防ぐ3種類のワクチンを作り、サルで有効性を確認したと米ハーバード大などのチームが4日付の米科学誌サイエンス電子版に発表した。
紅蜘蛛
 蚊がウイルスを媒介するジカ熱に妊婦が感染すると、小頭症の子どもが生まれる可能性があり、有効な予防策が求められている。チームは、ウイルスの病原性をなくした不活化ワクチンと、ウイルスの遺伝子を組み込んで合成したDNAワクチン、遺伝子を別のウイルスに組み込んだワクチンの3種類を作製した。

 いずれもアカゲザルに接種すると、数週間のうちに体内でウイルスを無害化する抗体が増えた。媚薬
Comment
name:

comment:

Trackback
この記事のトラックバックURL
http://i.anisen.tv/trackback.php/trfhttgnn/26309
Calendar
«  August 2016  »
S
M
T
W
T
F
S

 
1
2
3
4
6
7
8
9
10
12
13
14
15
16
17
19
20
21
22
24
25
26
27
28
29
30
 
 
 

search this blog.
recent comment
category
archives
links
others