振袖と浴衣の違い

振袖と浴衣は日本の伝統的な和服だ。しかし、外国人はよく振袖と浴衣をまごつく。
では、振袖と浴衣の違いを説明しよう!
振袖と浴衣は同じ形だ。そして、素材は木綿、絹、ウール、化学繊維と幅広く、生地の織り方も多様だ。
振袖は同じ形ですが、染め方、織り方で様々な用途の振袖ができあがります。
婚式や成人式といった正式な式典の際に着る。普通の着物よりも袖が長く、振袖を身に付ける事ができるのは未婚の女性と決められている。袖はくるぶしまであるとても長いものもあり、華やかな模様が特徴だ。振袖が未婚女性の着物となった理由のひとつとして、江戸時代に流行した踊り子の風俗が挙げられる。
浴衣は夏祭りのときに着る。浴衣は着物の一つなので着た時に涼しさを感じることができる。

成人式 写真 京都

My振袖】成人式の振袖レンタルや販売店を紹介する口コミ情 …
Comment
name:

comment:

Trackback
この記事のトラックバックURL
http://i.anisen.tv/trackback.php/trolaiphocu/18193