「結婚してよかった!」と男性が思う、理想の嫁5選

結婚して、旦那さまから「こいつは離せねぇっ! 絶対別れないっ!」と思われる嫁とはどんな人間なのでしょうか? 本日はアラサー男が思う「結婚してよかったと思う理想の嫁」についてのお話です。
1: 連絡をあまりとらない嫁

仕事が忙しいのにLINEやメールを連発して送ったり、電話をかけてきたりする嫁は嫌われます。
男は「ひとりでいたい」というときがあります。また、仕事や自分のしたいことを邪魔する人間については、容易に嫌悪感を抱くものです。
「好きにしたらいいわ。亭主が元気で家にいなくてよきかな、よきかなー」とルンルンしていればよいようです。連絡をしたければ、向こうから連絡してくることでしょう。機嫌よく答えているだけでよいのです。
2: 朝キスをしたいと思える嫁

朝っぱらからキスをして家を出るなんて海外ドラマのようですが、朝からキスしたいと思う男性はけっこういらっしゃいます。
寝ぼけている顔にキスしたい人から、メイクの上から嫌がるのを見つつキスしたい人までいろいろなご意見がありました。妻はいつでもどこでも可愛くいることを求められているのですね……でもメイクの上からはやめてほしいですね。
3: 朝5時までならむかえにきてくれる嫁

これは、筆者の上司(男)のお話です。
飲み会があった夜のことでした。それは、宴もたけなわで終電間近あたりでした。いそいそと上司が電話をしているので「奥さん、心配してますよねー」と話を振ったところ、「毎回むかえに来てくれるんだ。終電終わってから始発までだったら」とのこと。それは手放せないわけです。
4: さっぱりとしており、粘着質でない嫁

男性は、いちいち細かいことをきいてくる女性を面倒だと思います。また、終わったことをネチネチ責め続けられるのも大嫌いです。彼の中で過去は終わったことで、大事なのは今と未来なのです。忘れたことを話されるのは不快なわけです。
なので、姉御肌で竹を割ったような性格の嫁が好まれるようです。放っておくくらいがちょうどよいようですね。
5: 無条件に許してくれて、信じてくれる嫁

「あなたが私の旦那さまなのだから、信じているわ」と絶大の信頼をおいてくる妻に対して、男はなかなか悪いことができなくなります。逆に責任感を強くして「やっべー、俺、ちゃんとしなきゃ」と悪さをしなくなります。疑うと何かやらかす小学生のようですね。人は、信じてもらえたほうががんばれる生き物なのでしょう。

いかがでしたでしょうか。
やはり、理想の嫁というものになるにはそれなりに努力がいるようです。特にメンタル面で頑張らねばならないです。
放任主義になりすぎず、旦那に対して絶対の信頼をおいているように見せ(信頼をしろといっているのではありません。あしからず!)、愛情を表だって素直に表現できる女性になれれば、旦那さまはあなたのことを手離せないと思うこと間違いなしってことですね……。
なんというハードルの高さでしょう。筆者、修行しなおしてきます!

黒倍王
MaxMan
中華牛鞭