<筑後リサイクル店殺人>妻に懲役30年判決…福岡地裁

福岡県筑後市のリサイクル店元従業員ら3人に対する殺人や傷害致死などの罪に問われた経営者夫婦のうち、妻の中尾知佐被告(47)の裁判員裁判で、福岡地裁(平塚浩司裁判長)は24日、懲役30年(求刑・無期懲役)の判決を言い渡した。

 公判では夫伸也被告(49)との共謀と殺意の有無が争点となり、検察側は伸也被告を含む計24人に証人尋問した。伸也被告は、3人への暴行や死亡の事実は認めたが、暴行はいずれも「妻の指示だった」と証言して従属的立場を強調。検察側は論告で伸也被告との共謀があったと主張した上で「暴力で人を従わせようとする支配欲に基づき、残虐で過酷な虐待を続けた。遺族感情も厳しく、死刑に極めて近い」と指摘した。

 弁護側は、知佐被告が「体罰」や「しつけ」の名目で3人に暴行したことは認めたが、死に至るような暴行や伸也被告との共謀はなかったと反論。3人に対する殺人や傷害致死罪については「夫が激高してやった」として無罪を主張していた。

 起訴状によると、伸也被告と共謀し、(1)2004年6月、元従業員男性(当時22歳)を自宅アパートに閉じ込め、十分な食事を与えず暴行し衰弱させて殺害した(殺人罪)(2)06年9~10月、知佐被告の義弟の冷水一也さん(同34歳)と大斗ちゃん(同4歳)に暴行して死亡させた(傷害致死罪)(3)07~13年、知人のキャッシュカードを使って現金自動受払機(ATM)から現金計約53万円を盗んだ(窃盗罪)--とされる。

 伸也被告の裁判員裁判の初公判は今月27日に予定されている。

紅蜘蛛(液体)+壮陽丹
cayenne
致命誘惑