露レスリング連盟会長が試合後に暴行、被害選手が法的措置を検討

リオデジャネイロ五輪、レスリング女子ロシア代表のイナ・トラジュコワ(Inna Trazhukova)が29日、同五輪でメダルを逃したあとロシアレスリング連盟(WFR)会長に暴行を加えられた件について、法的措置を講ずる考えを明らかにした。
精力剤通販店

 トラジュコワは女子63キロ級3位決定戦でモニカ・エバ・ミチャリク(Monika Ewa Michalik、ポーランド)に敗れた後、同国代表選手や他国の代表選手団がいた目の前で、WFRのミハイル・マミアシビリ(Mikhail Mamiashvili)会長に顔を2度殴打されたと主張している。

 トラジュコワは既に、今回の暴行に関してロシアの検事総長に徹底的な捜査をするよう求めており、同選手の弁護士もビタリー・ムトコ(Vitaly Mutko)露スポーツ相に選手の権利を保護するよう訴えると話している。
巨人倍増
 トラジュコワの弁護士はAFPに対し、「トラジュコワはマミアシビリ氏が彼女の名誉や尊厳を侮辱したと考え、法的処分が同氏に科されることを要求している」と語った。トラジュコワは事件の目撃者に協力を求めたというが、その多くは断られたという。

 世界選手権を3度制覇し、1988年ソウル五輪で金メダルを獲得しているマミアシビリ氏は、1997年からWFRの会長を務めており、現在は世界レスリング連合(UWW)の執行役も兼任している。また、報道によるとマミアシビリ氏は犯罪組織と関係があり、フィンランドや米国を含む複数の欧米諸国への入国が拒否されていたという。

 今回の事件は同国スポーツ界からの憤りを呼んでいるが、多くの人々は長きにわたって露大統領府(クレムリン、Kremlin)と関係し、連盟の役員として君臨してきたマミアシビリ氏が痛手を被ることはないとみている。

 ムトコ露スポーツ相はトラジュコワを擁護してはいるものの、マミアシビリ氏に対して処分を科すかについては言及していない。27日に放映された露テレビ局マッチTV(Match TV)番組でムトコ氏は、「マミアシビリには敬意を払っている。彼は連盟を進歩させた。しかし、彼に賛同することはできない。おそらく感情的になったのだろうが、してはならないことだった。トラジュコワをサポートする」とコメントした。

 マミアシビリ氏は地元スポーツ紙スポーツ・エキスプレス(Sports Express)に対して、リオ五輪におけるトラジュコワの「平凡」なパフォーマンスは国に対する反逆であり、怒りを覚えたという。

「私は彼女にどうするべきだったのか? 平凡なパフォーマンスややる気のなさは無視するべきだったのか? 慰めの言葉を探す? 一体だれのために? 彼女はもともとロシアに残っているか、われわれを裏切るだろうと伝えるべきだった」曲美

 マミアシビリ氏はその後、トラジュコワに暴行を働いたことについて謝罪する準備はできていると語ったが、トラジュコワ本人は同氏がまだ暴行に及んだことや自身を裏切者と呼んだことについて認めていないと話している。

モーター生産加速 ホンダがHV販売戦略

ホンダは二十三日、浜松市と三重県鈴鹿市の両工場を報道関係者に公開し、ハイブリッド車(HV)用モーターの生産体制を強化したことを明らかにした。ホンダはHV、プラグインハイブリッド車(PHV)、電気自動車(EV)などモーターを使った車の世界販売台数に占める割合を、昨年の5%から、二〇三〇年には三分の二まで増やす計画で、そのスタートを切った形だ。
曲美
 ミニバン「オデッセイ」やセダン「アコード」のHVモーターを生産している浜松工場は今年七月、好調な販売に支えられ、両車種のモーター生産ラインを一本から二本に増強した。十月には三本に増やし、生産能力は三倍になる。

 軽自動車や米国向け「フィット」、多くのHVモーターなどを生産する鈴鹿工場ではこの日、九月十六日に発売予定の小型ミニバン「フリード」用HVモーターの製造も始めた。

 HVモーターの製造には、中国などで採掘される「重希土類」のレアアースが必要となる。しかしフリードには、重希土類が不要のモーターを初めて採用した。モーター需要の増大や採掘国の政情不安によって、将来的に重希土類が調達できなくなるリスクに備える。
巨人倍増
 生産担当の山根庸史(ようし)専務執行役員は「モーターの開発と生産は、電動化の普及に向けた重要なポイント」と述べた。

 このほか次世代環境車に関してホンダは、一八年までに北米でPHV新型モデルを発売する方針を示している。
◆排ガス削減 強まる環境規制

 ホンダが今後開発に力を入れるプラグインハイブリッド車(PHV)は、欧州メーカー主導で車種が増えており、国内ではトヨタ自動車や三菱自動車などが生産。電気自動車(EV)は日産自動車や米テスラ・モーターズが他社をリードしている。開発が加速するのは、排ガスの削減を求める環境規制の動きが世界的に強まっているためだ。

 特に米カリフォルニア州などの規制は厳しく、「一定台数以上を販売する自動車メーカーは、販売台数の一定比率を無公害(低公害)車にしなければならない」という規制が、二〇一八年から強化される。これに伴い、ガソリン走行が主となるハイブリッド車(HV)はエコカーの枠から外れる。

 規制に対応しようと、各社は家庭用電源などから充電できるPHVやEVを増やす計画。ホンダはHV用モーター設備を増強するが、将来PHV、EVのモーター製造にも転用できる。
催淫カプセル
 だが、高い製造コストなどを理由にPHVとEVの普及は進んでいない。コンサル会社のデロイトトーマツコンサルティングによる昨年の消費者調査では、EV購入で気になる点として「製品の価格が高い」との回答が50%に上った。自動車メーカーは現在、電池メーカーなどとも組んで製造コストの低下を図っている。
<次世代環境車> 二酸化炭素(CO2)の排出量がゼロか非常に少ない自動車。充電してモーターで走る電気自動車(EV)、水素と酸素の化学反応で発電してモーターを回す燃料電池車(FCV)、ガソリンエンジンとモーターを併用するハイブリッド車(HV)とプラグインハイブリッド車(PHV)などがある。

無投票回避へ擁立模索=蓮舫氏優位は動かず―民進代表選

民進党代表選(9月2日告示、15日投開票)で、出馬表明した蓮舫代表代行への対抗馬擁立を模索する動きが続いている。

 非主流派の保守系議員や党内の一部グループが無投票を回避しようと会合を重ねる。だが、知名度が高く、幅広い勢力から支持を集めつつある蓮舫氏の優位は動かないとの見方から、立候補に必要な推薦人20人の確保すらままならない状況だ。
巨人倍増
 立候補に意欲を示す長島昭久元防衛副大臣は17日、旧民社党系グループを束ねる高木義明副代表と衆院議員会館で会い、支援を要請した。長島氏が率いるグループは約5人で、推薦人20人を確保するには他グループとの連携が必要だ。だが、高木氏は対応を明言せず、無投票を回避すべきだとの認識で一致するにとどまった。

 党内では「勝ち馬に乗ろうという議員が増えている」(関係者)とされ、旧民社系も蓮舫氏支持に回るとみられている。17日の幹部会合では告示後に最終判断することを確認したが、高木氏は記者団に「党の支持率を上げるための新しいイメージも大事だ。地元でも『蓮舫さんいいね』という声はよく聞く」と語り、蓮舫氏支持を示唆した。

 前原誠司元外相も出馬を目指すが、自身のグループ(約20人)も固めきれず、推薦人集めに苦慮している。前原氏は長島氏と15日に会談し、候補者一本化に向けて協力を求めた。だが、長島氏は17日、記者団に「最後まで推薦人集めを一生懸命やりたい」と述べ、男露888現段階では一本化に応じる考えのないことを強調した。

 こうした中、最大勢力である旧維新の党出身の議員グループ(23人)の動向に注目が集まる。17日には蓮舫氏が維新系の江田憲司代表代行と、前原氏が別の維新系幹部とそれぞれ会談した。維新系も16日の幹部会合で無投票は望ましくないとの立場を確認しており、19日に会合を開いて代表選で重視する政策を協議する。グループ内には江田氏擁立論の一方、蓮舫氏や前原氏を推す声もある。

 維新系の松野頼久氏らは17日夜、大畠章宏元経済産業相のグループの幹部と意見交換し、複数候補による選挙を行った上で「現在の執行部を刷新すべきだ」との認識で一致した。 威哥王

体操男子団体でミス連発 日本4位で決勝へ

団体総合、個人総合、種目別の決勝進出を懸けた男子予選が行われ、団体総合で3大会ぶりの金メダルを目指す日本は内村航平(コナミスポーツ)が鉄棒で落下するなど、ミスが相次ぎ合計269・294点の4位で決勝進出となった。3連覇を狙う中国が270・461点でトップ。米国が2位、ロシアが3位。
◆個人総合で内村は2位突破
曲美
 個人総合は内村が90・498点の2位、加藤凌平(コナミスポーツ)が6位で予選突破。ベルニャエフ(ウクライナ)が91・964点の首位で決勝へ進んだ。

 種目別は床運動で内村が3位、白井健三(日体大)は6位、跳馬で白井が3位、平行棒で加藤が8位となり、上位8人(各国・地域2人まで)による決勝に進んだ。内村は金メダルが有力視されていた鉄棒で決勝進出を逃した。

 団体総合決勝は種目ごとに各チーム3人が演技した得点合計で争われ、予選の得点は決勝には持ち越さない。 (共同)
◆立て直せるか

 念願達成には険しい道が待つ。3大会ぶりの団体総合優勝を目指す日本は予選を4位通過。「五輪は何が起こるか分からない。終わったことは気にしない」。エース内村航平は切り替えようと努めるが、損なわれた美しさを取り戻すのは容易ではない。

 予選の前半はミスが出ても他の選手がカバーした。4種目目の平行棒で田中佑典、山室光史(いずれもコナミスポーツ)が崩れると堰(せき)が切れ、続く鉄棒で内村に痛恨のミスが出た。「バーが滑る感じがあった。気にしすぎて力をセーブしすぎた」。冒頭の屈身コバチで落下。個人総合決勝への首位通過を逃し、種目別金メダルの可能性までも消してしまった。

 水鳥寿思監督によると、平行棒では田中らが演技開始をせかされ、鉄棒ではバーに滑り止めがほとんど付いておらず、準備に戸惑ったという。観客席からは、開催国ブラジルへの大声援も。「いろんなことに対応しなければならなかった。臨み方をもう一度確認したい」と戒めた。

 舞台の大きさを意識せず臨むことも難しかった。「世界選手権と同じように臨んでいても、心の中では『五輪』というのが出てきてしまっている」と内村。「みんな原因は分かっている。そこがロンドンと違うところ」とメンバーの経験に希望を見いだす。
威哥王
 8日(日本時間9日)の団体総合決勝は、予選と同じあん馬から。マイナスの記憶を一つずつ塗り替えていけば運命は開ける。そこに必要なものを問われた内村は、少し考えた後に答えた。「気持ちじゃないですか」
韓国痩身1号

<北朝鮮ミサイル>破壊措置命令出せず 移動式、察知困難

北朝鮮が3日、「ノドン」(射程1300キロ)とみられる中距離弾道ミサイル2発を発射し、うち1発が約1000キロ飛行して秋田県・男鹿半島の西約250キロの排他的経済水域(EEZ)に落下した。北朝鮮のミサイルの弾頭部分が日本のEEZに落下したのは初めてだが、日本政府はミサイルの破壊措置命令を出すことができず、ミサイル防衛能力の限界も露呈した。国連安全保障理事会は、日米韓の要請で3日午後(日本時間4日午前)に緊急会合を開く予定。
 ノドンは核弾頭の搭載が可能とされ、日本のほぼ全域が射程に入る。安倍晋三首相は3日夜の記者会見で、「わが国の安全保障に対する重大な脅威だ。国際社会と緊密に連携し、毅然(きぜん)と対応する」と語った。日本政府は国連安全保障理事会の決議に対する明確な違反として、北京の大使館ルートを通じて厳重に抗議した。

 政府関係者によると、弾頭が落下した地点付近にはイカ釣り漁場があるが、漁業関係者や船舶、航空機の被害は確認されていない。防衛省は3日、自民党の会合で、今回は被害が出なかったなどとして、日本に外部から武力攻撃が行われ、自衛隊の防衛出動が可能となる武力攻撃事態には当たらないとの判断を示した。

 北朝鮮は今回のミサイル発射に関して事前通告せず、車両で移動できる発射台(TEL)を使ったとみられることから、周辺国や国際機関でも十分な兆候をつかめなかった。日本は迎撃ミサイルを搭載したイージス艦や地上配備型迎撃ミサイルのパトリオット(PAC3)を展開させておらず、国が各自治体などを通じて緊急事態を知らせる「Jアラート」の発信もなかった。

 政府関係者は「もし日本の領土まで飛んできても、迎撃できなかっただろう」と打ち明ける。常時迎撃体制をとることができる陸上配備型の高高度迎撃システムの導入に向けた議論が加速する可能性もある。

 今回の発射軌道の延長線上に位置する青森県つがる市の米軍車力通信所内には、ミサイル防衛用の早期警戒レーダー「Xバンドレーダー」が配備されており、ミサイル防衛関連施設への攻撃を想定した訓練との見方もある。

 自衛隊と海上保安庁は3日、秋田県沖の日本海上で、ミサイルの破片とみられる物体を航空機から確認した。海上自衛隊の護衛艦などが現場海域で回収作業に当たっている。自衛隊などが北朝鮮の弾道ミサイルの破片を洋上で発見して回収した例はない。回収できればミサイル技術や性能などを分析する。
Calendar
«  August 2016  »
S
M
T
W
T
F
S

 
1
2
3
5
6
7
9
10
11
12
13
14
15
16
17
19
20
21
22
23
25
26
27
28
29
31
 
 
 

search this blog.
category
archives
links
others