体操男子団体でミス連発 日本4位で決勝へ

団体総合、個人総合、種目別の決勝進出を懸けた男子予選が行われ、団体総合で3大会ぶりの金メダルを目指す日本は内村航平(コナミスポーツ)が鉄棒で落下するなど、ミスが相次ぎ合計269・294点の4位で決勝進出となった。3連覇を狙う中国が270・461点でトップ。米国が2位、ロシアが3位。
◆個人総合で内村は2位突破
曲美
 個人総合は内村が90・498点の2位、加藤凌平(コナミスポーツ)が6位で予選突破。ベルニャエフ(ウクライナ)が91・964点の首位で決勝へ進んだ。

 種目別は床運動で内村が3位、白井健三(日体大)は6位、跳馬で白井が3位、平行棒で加藤が8位となり、上位8人(各国・地域2人まで)による決勝に進んだ。内村は金メダルが有力視されていた鉄棒で決勝進出を逃した。

 団体総合決勝は種目ごとに各チーム3人が演技した得点合計で争われ、予選の得点は決勝には持ち越さない。 (共同)
◆立て直せるか

 念願達成には険しい道が待つ。3大会ぶりの団体総合優勝を目指す日本は予選を4位通過。「五輪は何が起こるか分からない。終わったことは気にしない」。エース内村航平は切り替えようと努めるが、損なわれた美しさを取り戻すのは容易ではない。

 予選の前半はミスが出ても他の選手がカバーした。4種目目の平行棒で田中佑典、山室光史(いずれもコナミスポーツ)が崩れると堰(せき)が切れ、続く鉄棒で内村に痛恨のミスが出た。「バーが滑る感じがあった。気にしすぎて力をセーブしすぎた」。冒頭の屈身コバチで落下。個人総合決勝への首位通過を逃し、種目別金メダルの可能性までも消してしまった。

 水鳥寿思監督によると、平行棒では田中らが演技開始をせかされ、鉄棒ではバーに滑り止めがほとんど付いておらず、準備に戸惑ったという。観客席からは、開催国ブラジルへの大声援も。「いろんなことに対応しなければならなかった。臨み方をもう一度確認したい」と戒めた。

 舞台の大きさを意識せず臨むことも難しかった。「世界選手権と同じように臨んでいても、心の中では『五輪』というのが出てきてしまっている」と内村。「みんな原因は分かっている。そこがロンドンと違うところ」とメンバーの経験に希望を見いだす。
威哥王
 8日(日本時間9日)の団体総合決勝は、予選と同じあん馬から。マイナスの記憶を一つずつ塗り替えていけば運命は開ける。そこに必要なものを問われた内村は、少し考えた後に答えた。「気持ちじゃないですか」
韓国痩身1号
Calendar
«  August 2016  »
S
M
T
W
T
F
S

 
1
2
3
5
6
7
9
10
11
12
13
14
15
16
17
19
20
21
22
23
25
26
27
28
29
31
 
 
 

search this blog.
category
archives
links
others