夏休みの思い出

小学5年生の頃に私一人だけやってきてない夏休みの宿題があってものすごい怒られました。
確か新聞の切り抜きをしてその記事について自分の意見を書くとかそんなのだったと思います。

でも私は夏休みが終わって何日か経った日に一人ずつクラスの皆の前で発表することになって初めてこの宿題の存在を知ったのです。

出席番号順に発表していってちょうど真ん中ぐらいで呼ばれる私。
そんな宿題の存在を知らなかった私は当然やってきてませんと正直に言いました。
すると先生はそこで立っておきなさいと教室の前の隅の方に私を立たせたまま発表を続けさせました。

最後まで発表が終わって宿題をやってきていないのが私だけだとわかった先生は激しく怒りだしたのです。

皆やって来ているのになんであなたはやって来なかったの!? 
と責められクラスの皆の前で謝るように言われました。

もう私は混乱してしまって少し過呼吸になりながら泣いて皆の前で謝りました。
謝る時に言ったのは先生がこう言って謝りなさいと言った言葉をそのまま言いました。

「私は皆が一生懸命勉強している時に宿題もやらずに遊んでいました、ごめんさない」これは今でもはっきり覚えています。

謝罪が終わった後の授業でも
私はずっとしゃくりあげながら泣きっぱなしで先生がそれに対しても怒りだし、

いつまでも泣いているのは自分が可愛そうだから? 
自分が悪いことをしたと思っていないんでしょ!? と 

そこで私は混乱しながらもこんな宿題があったなんて知らなかった、
プリントに載っていなかったと途切れ途切れで反論しました。

それを聞いた先生は更に激しく怒り出し、

皆がやってきているのにそんなわけがない、
すぐに分かる嘘をついて言い訳するなと聞く耳を持ちませんでした。

そこで先生はおかしなことを言い出したました。

連絡網が回ってきていたでしょ!? 
先生はあなたから連絡網が最後まで回ったとちゃんと聞きましたよ!? と
ここでようやく私は連絡網でこの情報が回されていた事を知ったのです。

私は連絡も来ていないし先生に電話をかけてもいないと反論したけど一向に信じてくれません。

だけどそこでクラスの一人が手をあげ
先生に連絡網終わりの電話したの僕ですと名乗り出てくれました。

私のクラスの連絡網はクラス40人分。
全員の電話番号が載っているプリントが配られてて基本最初の人に先生が連絡して後は出席番号順に最後まで回していくものだったんだけどこれまで一度も使われたことがありません。

後で聞いた話だと初めて連絡網が使われたのが今回の宿題の件で早く連絡を回すために先生が今回は1番の人と20番の人の二箇所から連絡を回すようにしたそうです。
連絡の内容は宿題の内容と19番と40番の人は連絡が来たら連絡の内容を先生に電話して確認するというものでした。

だけど何を勘違いしたのか先生は最初に1番と21番の人に連絡網を回していました。
なので20番の人だけが連絡網が回っていない状態になっていて、その20番が私でした。

これは後から友達に聞いて分かった話なのでこんな事知らない私は意味がわからず泣きっぱなしでした。
その電話を掛けたという人が名乗りでたおかげで私に連絡網が回っていないことに気がついたのか先生は何かグニャグニャ言いながら授業を再開して泣きっぱなしの私をそのままにしていた

結局このことに気がついたであろう先生からの謝罪など無くさっさと宿題をやって持って来いと言われおしまいでした。

その後しばらく学校に行く途中に調子が悪くなり吐くようになってしまった切っ掛けの出来事 でした。

偉い人はダンスに行かない

先日、「山の日」なる祝日を新設する動きがあるという記事を読んだ。

偉い人達は祝日もきっちり休めるから、国民の大多数も休みになると思うのだろう。
そういう人もいるが、その分仕事が増えて、なおかつ給料が上がらない人たちのことは
少数派として考慮してくれないらしい。

私の気持ちとしては「自分たちの余暇を増やすために底辺層の労働条件悪化させている」
という認識のほうが現実的と考えている。


この記事のこともそう。
クラブに行ってダンスだけして楽しく帰る客がどれくらいいるのかな。
一度でも行った人は、深夜営業のクラブがどれだけ閉鎖的な空間で
若さと探究心旺盛な人たちに満ちているかがわかると思う。

昭和の時代に栄えたダンスホールとは全く別物。
探究心は好奇心と名前を変え、分別の付かない若さはすぐ性欲に結びつく。
そこに外国人観光客を惹きつけるだけの魅力があるのだろうか。

単に緩和するだけの規制改革なら、小学生の考えでもできるのだから
頭のいい役人様たちにはもう少し「公共の福祉」に資するようなやり方を
提案してもらいたい、そう考える。

COME BACK!!

このサイトでいい感じ!?でやり取りしてた方がいました。結論からいうと彼女、2日前に退会してしまったのです…実は彼女、休職中でなかなか仕事がなくて困ってはいました。

「もう、そろそろ本腰入れて仕事探すから、近々、退会するかも…」と、少し前から釘をさされていました。
彼女は無料会員。
連絡したくても、
自分から相手に
メールは送れませんから
無言での退会は
仕方ないですね…

福岡の方で、同い年。
つぶやきからの
些細な事からの
スタートでした。

とにかく明るく
物事ははっきり言う方。
正直、気持ち良かったです
彼女も、なかなかいい相手が見つからず、初対面で、あっちこっち体触られて・・・などと、ぼやいてはいました。

「もし、隣県だったら
私から、逢いに行きたい」
「久しぶりに気が合う人とお話できて嬉しい」

「心の支えになってくれると嬉しいな…」

などと、彼女も
淋しかったみたいです。

しかし、距離の壁は
厚すぎました…

山形と福岡…

ほんの10日間でしたが
ささやかな
ラブストーリーでした!

仕事見つかったら
また、ここに
来てくれるかなぁ…
と、日々思ったり…
しかし、
「去るもの追わず」
もう、忘れないとね…

後ろばっかり向いていたって、ゴールは遠のくだけ…
前を向かなきゃ…ねっ!

だけど、最後だけ
言わせて下さい!

COME BACK!!!!!!!!!!!

婚活

婚活をしようと思った理由は二つあります。

一つはおやじの死。
本当に突然のことで、自分は何一つ親孝行らしいことしてあげれず、せめて孫の顏くらい見せてあげたかったととても後悔しました。
それと同時に家族の大切さというものを改めて感じるようになりました。

二つ目には、姪っ子の存在。
中一になる甥っ子はいるのですが、女の子だからかこの年になってからだからなのか、余計に可愛いんです。
今は人見知りが激しい時期らしく、最初に顔を見たり抱っこしたりするとギャン泣きされるんですどね(^^;)
でも、たまに見せてくれる笑顔は本当に天使のようで。

自分の子供じゃないのにこれだけ可愛いんだったら自分に子供が出来たらどうなるんだろうと思うくらい。

いい人と出会えて、素敵な家族を作れたらいいな。

重要・・・足りなかったもの

今の職場は私に足りなかった物を教えてくれる。

それは小さな4歳児の女の子とのふれあい。

以前は大手企業に勤めて仕事に明け暮れて子供とのふれあいない。

その子との出会いで目線の位置を子供と同じ位置で接する事を教えてくれた。

そして子供が楽しんでる事は一緒に楽しむ事。

子供の優しさは透き通った優しさがある。

それは大人にはない優しさ。

いつか私も子供が居る家庭を築きたいです。

小さな手で大きな手を繋いでくれる。紅蜘蛛:http://xn--19zl5rhf.akanpo.net/

人との繋がりは年齢は関係ない。

これ以上は話のネタ切れになるので別の話へ。


現在託児所を導入してる企業は今の時代何社ある??

女性はバブル期には仕事より玉の輿に憧れる。

時代は変わり今の時代は女性が仕事を求める時代へと変わった。

事務職問わず製造職にも女性だけの現場がある。

子供が小さすぎるから働けない??

そんな思いした事ある方もいると思います。

これからは託児所がある会社が増えてくる。

私は願いまず!!

安心して働ける職場環境と生活と子供の成長

巨人倍増:http://www.xn--gmq15an1qquf7nnhnq.net/

本田のインタビューと、攻めて勝つだっけか?

NHKの番組を録画してたのを観た。
遠藤にしても本田にしても、岡田監督の4年前の守るサッカーを心の中では否定してたんね。
まあ、攻めたいってのは気持ち的には解るんだけど、それじゃあ勝てない、あるいは勝たなくても引き分け狙わなければいけないグループリーグは抜けれんでしょうね。
ザックの本心があの番組通りなら僕の嫌いな小学生のサッカーだわ。攻めてる時は良いけれど相手にボール取られたらカウンター決められまくり。
トルシエも実は告白していたが、自ら標榜したフラット3は「実は日本人には向いていない」という発言。なぜなら日本人には「いざラインを突破された時に、それを追いかけて確実に潰せるようなDFがいないからだ」そうで…
正にDFラインを押し上げて、前後からプレスをかけるって戦術にはそういう選手が必要だと僕も思う。
両サイドまでが最前線上がるなら、今野、吉田がそれを担うのか?

…ここまで見てきて無理でしょ?判断が早くて、足が速くて、1対1に強い選手ないといかんのよ?本番ではイエローもらっちゃいかんのよ?累積したら誰がCBやんのよ?

ポゼッションサッカーは基本的に技術的優位にあるチームに相応しいと思う。
代表では、一時期のイタリア、現在ではブラジル、スペイン等々…?
サッキのミランと最近のバルセロナでは時代も違うだろうが、そこら辺の基本は同じではないか?
何が言いたいかと言うと、FWがロストして相手チームにカウンターを喰らった時に対応が出来ないんじゃないかという事で。

自分達の気が済みゃいいじゃん。やりたいサッカーやる。

って、代表はそれじゃいかんでしょう?結果出してなんぼやと思うんですが。

ライフスタイル

様々な愛の風景、光景がある。

愛し合う夫婦のその生活は、
お互いを欲していればおのずと成り立つもの。
そしてそれが続くもの…。

しかし…そんな夫婦の生活に、突然に訪れた出来事。

その出来事が、弘美の全てを、
何処か遠い場所に連れていったように…。

その後、思い出したくもない、
自分を落とし入れた苦しい経験から立ち直り、
いつしか哲也を見ていたはずの目線は仕事へと切り替わり、
かつて哲也のものがあった場所には、
自分のお気に入りのものを…。

そして部屋の多くは弘美の趣味を絡めながらの…、
事実弘美の部屋に変っていった。

ライフスタイルはほぼ仕事関係で占められていた。
旅行代理店、昔から弘美が憧れた職種である。

実際に、大学時代では何度か海外にも旅行をしている。
人に、旅行を通じて、いろんな景色、
そして自分探しをしてもらいたいと言うのが、
弘美の仕事への思い入れだったのである。

威哥王
五夜神

本日のつぶに対する日記への補足

先程の日記で経済学をもちこんで説明させていただきました。

さて、本日話題の彼は署名を集めて運営に制度の変更を求めると主張なさっていましたが、はっきり言います。


「無理です。実現不可能です」

有効会員数が男女合わせて約300万人でしょうか?
そのうち仮に署名を100人集められたところで?


はっきり言うと、
別に課金制度がおかしいからってそれがなんら違法なことじゃないし、それこそがマーケティング戦略なんですから企業の自由でしょ。
それをとやかく言うなら、一切関わらないのが利口です。
それでも制度を変更したいと言うのなら、

『男女共に非課金あるいは課金する仕組みで、併せてそのマーケティング戦略の上を行く戦略を考えて提示する』

これしかないですよ。



それとは別に。
仕組みをしっかり知ってればあんなこと言うわけないです。

男性から得たお金は、ただ単に運営の収益になるわけじゃないです。
男性がお金を払うことに見合ったサービスを提供するために、女性会員を集めなくてはなりません。そのためのプロモーション費用にもしっかり回されているってわけです。

それから、業者がいるってみなさん知ってると思いますが、その業者が足跡つけたりメールしてきてからわりと直ぐの段階で退会済になってるのを見たことがある人は多いと思います。

パフォーマンスを維持するために、しっかり業者を見極めて、確実に黒だと認識した段階で退会処分にしてるんです。

写真の登録や年齢認証も手作業で全て24時間体制。

つぶやきや写真に不適切なものがあればこれも24時間体制で削除。

このシステムを導入するのに人件費などかかってますよね。


ただお金をむしりとられてるのではなく、一応男性にとってメリットになるように還元されてる部分もあるんですよ。


さっき書き忘れましたが、もし無料だとこういったところにかかる費用を当然ながら省くので、パフォーマンスは低下します。
すると、業者などが男性からお金を搾取するために今以上のものすごい数がサイト内に蔓延るようになります。

今でも業者は多いかもしれませんが、それでも「現在の数に抑えられている」と考えるのが適切かもしれません。

しかし、業者に騙されてたくさんメールしてポイント消化してもらった方が運営にとってはメリットであるともいえるので、ここは微妙な状態を保っているという見方も有力です。

何にせよ、自分のことをチョーチキンと言っておきながら、あれほど理解力の低い発言を公然の面前で高らかにできるってのは矛盾ですね。

そんな暇あるのなら、しっかり自分を磨いたり、勉強して話の引き出し増やしたり、自分をもっと高めるべきだと思います。


結局のところ、ち●こではなく頭で考えるべきなんです。

「ペンは槍より強し」です。