本当にあった怖い話

もう15年くらい前のことですが、

当時、ボクはナンパばかりしておりました。

イケメソではないので、女子から告白されたことはないですが、

数打ちゃ当たる方式で、

とにかく声をかけまくる!

女子高の名簿を入手して、

とにかく電話をかけまくる!

そうすると、

大体30人に一人はデートしてくれます

そんなこんなで、

彼女を切らさないように、せっせせっせとアリさんのように働いていました

18歳の夏くらい、当時付き合っていた彼女はドの付くヤンキー姉ちゃんで、ロンスカを履いていたのを覚えています
コギャル(古w)全盛の時代にロンスカです

で、顔立ちはコギャル

カオスです。

ナンパがきっかけで付き合い始めたんですが、okの理由はボクが強そうだったから

シンプルです。

デート中、ボクが目を離したスキに他の男子からナンパされたらしく、

『誰のオンナだと思ってんじゃ、ワーレィ!!!』

と言って蹴りを入れたりする女のコでした

付き合いはじめて一月ほどの頃、

その頃には、道行く女のコに挨拶するような感覚でナンパしていたボクは、彼女以外の女のコとチョメチョメ(古w)してしまいます…

典型的なクズです

彼女の目を盗んでは、

その子とチョメチョメしていたわけですが、

ある日、ボクの部屋でチョメチョメしていると、

ガラリとドアの開く音が…。

ボクはカギを閉める習慣がなかったもので、

よく兄弟にチョメチョメを目撃されていました

その時も、また姉貴が金をせびりに来たか、兄貴がパチンコの景品でも持って来たのだろうと思っていました。

さっと女のコにふとんをかぶせ、振り返るボク…

ヤ『何隠した?』
ボ『か、隠してないししし』
ヤ『一人で素っ裸かよ?あ?』
ボ『あ、あ、新しい健康法だよょょょ』

近寄るヤンキー彼女。

めくられるふとん。

胎児のように縮こまった女のコ。

ヤ『てめぇー、誰のオトコに手ぇ出してやがんだよ!ごらぁ!』
女のコ『そいつが先に手ぇ出してきたんだよ、このスベタ!』

す、スベタて…

普通のコだと思てたのに…。

変なところにショックを受けるボク

ヤンキー彼女がグー(!)で殴れば、女のコは蹴りを繰り出すという具合に一進一退の攻防が繰り広げられ、

ボクは終始震えながら、ふとんを被って、

その隙間から観戦しておりました

一段落すると、

二人の怒りの矛先は当然ボクに向くワケで…。

素っ裸で土下座させられたワケで…。

二兎追う者は一兎をも得ずを噛み締めたワケで…。

それ以来、ナンパ二股はしなくなりました

あのときの二人のお陰で真人間になれました

ただそれ以来、単なるモテない男になってしまったのです

でもどっちの女のコも好きだったんだけどなぁー!

あ、だからボクってダメなのか…
狼一号
狼1号